スポンサーリンク

【AEW】トニー・カーン社長が新日本プロレスとのForbidden Doorの将来を語る。「毎年やりたい」

ニュース

現地6月26日に開催されるAEWと新日本プロレスの合同興行「Forbidden Door」。

出場予定だったレスラーたちが次々に不参加となることが発覚し、ファンが望む最高の形でも実現とはならなさそうです。しかし、それでもAEWと新日本のトップレスラーたちが激突するショーとあって、ファンたちは興味津々です。

【AEW】ジェフ・ハーディーが逮捕される。約2年半ぶり5度目
プロレス界には「よく逮捕される人たち」がいます。現役だとジミー・ウーソとジェフ・ハーディーですが、2大巨頭のうちの1人が月曜日に逮捕されたようです。 報道によれば、ジェフはフロリダ州ヴォルシア郡で交通に関する3つの違反、飲酒運...
【AEW】アンドラーデ & ルチャ・ブラザーズが新日本プロレスとの「Forbidden Door」を欠場へ
メキシコのプロレス界は複雑で、老舗団体CMLLはAAAの存在を非常に嫌っています。よっぽどの例外でもない限り、CMLLのルチャドールがAAA参戦レスラーと試合をすることはありません。 昨日、AEW所属で、AAAにも参戦している...

2019年に設立したAEWにとっては、これが初めての「他団体との本格的な合同興行」。ショーの将来はどうなるのでしょうか?トニー・カーンAEW社長は、Comicbookによるインタビューの中で次のように語っています。

ああ、我々はForbidden Doorを毎年開催できることを望んでいるよ。

外道(新日本のブッカー)と俺は、両団体が絡むものに対して、どんな試合が行われるのか、どんなアイデアをショーで実現させるのかといったことで意見を一致させる必要がある。これって俺たちが1年以上やってきたことでさ。本当にうまく行ってるんだよ。

一時は緊張関係にあった両団体も、現在は良好な関係を築いています。AEWからランス・アーチャーがG1 CLIMAXに出場したり、ウィーラー・ユウタがベスト・オブ・ザ・スーパージュニアに出場したりと、選手の行き来も活発になってきました。無事にショーが終わり、さあまた来年だ!となればいいですね。

Comicbook

あわせて読みたい

【AEW】マット・ハーディーが弟ジェフの逮捕にコメント。「落胆した」
久々に飲酒運転で逮捕されたジェフ・ハーディー。彼は今週のDynamiteやAAA「Triplemania」に出場予定でしたが、団体は彼の無給謹慎処分を発表しました。 報道によれば、彼の運転する車は「茫然自失」とした状態...
【AEW】「セザーロをBlackpool Combat Clubのメンバーに」というアイデアへウィーラー・ユウタが反応。「素晴らしい」
AEWには複数の魅力的なユニットが存在します。 その中でも、今最も注目を集めているのがBlackpool Combat Club。ブライアン・ダニエルソン、ジョン・モクスリー、ウィーラー・ユウタ、そしてウィリアム・リーガル卿に...

ランキング参加中。

人気ブログランキング

にほんブログ村

タイトルとURLをコピーしました