スポンサーリンク

ドラゴン・リーはなぜ新日本プロレスで働くことができないのか?「クソ政治のせいだよ」

ニュース

現地6月26日に開催されるAEWと新日本プロレスの合同興行「Forbidden Door」。アンドラーデやルチャ・ブラザーズの参戦も期待されていましたが、メキシコのプロレス界があまりにも複雑な構造になっているため、3人はショーに出場することができません。

【AEW】アンドラーデ & ルチャ・ブラザーズが新日本プロレスとの「Forbidden Door」を欠場へ
メキシコのプロレス界は複雑で、老舗団体CMLLはAAAの存在を非常に嫌っています。よっぽどの例外でもない限り、CMLLのルチャドールがAAA参戦レスラーと試合をすることはありません。 昨日、AEW所属で、AAAにも参戦している...

彼らがメキシコでの主戦場としているAAAに対し、老舗団体で新日本とも業務提携しているCMLLが敵視しており、CMLLのルチャドールがAAAのルチャドールと絡む可能性を徹底的に排除しようとしているのです。それはまた、提携先の新日本がAAAに参戦しているルチャドールと仕事をすることも避けたい、という意思に繋がっています。

かつて新日本の常連外国人レスラーとして大活躍していたドラゴン・リーも、アンドラーデたちと同じ状況にあるようです。かつてCMLLに所属していた2人は、2019年にPWGが主催し、AAAのルチャドールたちも出場したシングルトーナメント「The Battle of Los Angeles」に出場したことがきっかけで団体から解雇され、その後はROHを主戦場としていました。しかし、ROHが運営体制を変更し、所属レスラーたちとの契約をすべて解除した後、彼はAAAをメインに活動しています。今週末の「Triplemania」では、元カリスティコのドラリスティコとタッグを組んでメインイベントに出場する予定です。

つまり、そういうことです。アンドラーデが「俺は新日本と仕事ができない。CMLLとAAAに感謝を」と、Forbidden Doorに出場できない理由を明かしたツイートに対し、リーは「俺もだよ。クソ政治のせいだ」とリプライしました。

メキシコはいろんな意味でガチの国なので、仕方ないんですよね…。リーが新日本のリングに上がるためには、彼がアメリカでの就労ビザを取得し、活動拠点をアメリカに移すしかなさそうです。メキシコ人ルチャドールがアメリカでのビザを得るためには、大手団体との契約が必要という話もありますが…。

Dragon Lee vs Will Ospreay: FULL MATCH! (ROH Manhattan Mayhem 2017)

あわせて読みたい

【AEW】トニー・カーン社長が新日本プロレスとのForbidden Doorの将来を語る。「毎年やりたい」
現地6月26日に開催されるAEWと新日本プロレスの合同興行「Forbidden Door」。 出場予定だったレスラーたちが次々に不参加となることが発覚し、ファンが望む最高の形でも実現とはならなさそうです。しかし、それでもAEW...
【AEW】マット・ハーディーが弟ジェフの逮捕にコメント。「落胆した」
久々に飲酒運転で逮捕されたジェフ・ハーディー。彼は今週のDynamiteやAAA「Triplemania」に出場予定でしたが、団体は彼の無給謹慎処分を発表しました。 報道によれば、彼の運転する車は「茫然自失」とした状態...

ランキング参加中。

人気ブログランキング

にほんブログ村

タイトルとURLをコピーしました