スポンサーリンク

【WWE】HHHの姿がパフォーマンス・センターで目撃される。団体内では「彼は戻ってきた」

ニュース

2021年9月以降、心臓病により長きに渡って現場を離れていたHHH。

以前のようなペースで仕事をできる体調ではなく、仕事の量も大幅に減り、側近たちも次々と団体を去りました。かつては「ビンス・マクマホンからWWEを受け継ぐ男」の大本命とされてきた彼も、率いていたNXTがAEWとのテレビ戦争「ウェンズデー・ナイト・ウォーズ」に敗れてからは団体内の権力抗争に巻き込まれたり、健康問題に直面したりと良いことがなく、ある種のレースから外れてしまったものとされていました。

しかし、こんなニュースも。POST Wrestlingのジョン・ポロックによれば、HHHは現地6月22日にパフォーマンス・センターを訪れていたとのこと。ポロックが取材した関係者は「彼は戻ってきた」とコメントしたものの、それが何を指しているのかは不明とのことです。

レスリング・オブザーバーのブライアン・アルバレスによれば、HHHがパフォーマンス・センターにいたのは間違いなく、そこで行われたミーティングのなかで「ビジネス上の理由でそこにいたが、その理由はまだ言えない」と発言していたそうです。

権力闘争の中で力を失ったとはいえ、彼は今も団体の幹部です。何らかの動きがあるのか、NXTの現場に復帰するということなのか、それとも他の何かを意味しているのか…。彼の妻ステファニー・マクマホンは、HHHを含む家族たちのために休職していましたが、父ビンスのスキャンダルにより急遽復職することになりました。この出来事が関係している可能性もありそうですね。

ビンス・マクマホンのスキャンダルに揺れるWWE。団体内は沈黙に包まれ、代役のステファニー・マクマホンには同情の声
ビンス・マクマホンがWWEの元女性従業員と不倫関係を持ち、300万ドルの口止め料を支払ったというスキャンダルは団体に大きな影響を与えました。 WWEを象徴する存在であるビンスは、WWE役員会によるスキャンダルの調査が終了するま...

(Wrestling Observer)

あわせて読みたい

【WWE】元NXTプロデューサー、ロード・ドッグがWWEからの解雇を語る。「ビンスが俺をタップさせた。彼は仕事中毒だ」
D-ジェネレーションXのメンバーとして活躍し、2019年にWWE殿堂入りを果たしたロード・ドッグ。 彼は2014年からNXTでプロデューサーとして働いていましたが、2022年1月に団体から解雇されました。この月はHHH時代のN...
【新日本プロレス】ランス・アーチャーが久々のG1 CLIMAX出場への意気込みを語る。「光栄だ。ぶっ飛ばしに行く準備はできてる」
2019年のランス・アーチャーは明らかにキャリアハイの一年を過ごしていました。 タッグパートナーだったデイビーボーイ・スミス・ジュニアが新日本を退団したことによりシングルプレイヤーとして売り出されるチャンスを得た彼は、この時の...

ランキング参加中。

人気ブログランキング

にほんブログ村

タイトルとURLをコピーしました