スポンサーリンク

【新日本プロレス】ランス・アーチャーが久々のG1 CLIMAX出場への意気込みを語る。「光栄だ。ぶっ飛ばしに行く準備はできてる」

インタビュー

2019年のランス・アーチャーは明らかにキャリアハイの一年を過ごしていました。

タッグパートナーだったデイビーボーイ・スミス・ジュニアが新日本を退団したことによりシングルプレイヤーとして売り出されるチャンスを得た彼は、この時のG1 CLIMAXで大暴れ。開幕戦でウィル・オスプレイと名勝負を演じたほか、シリーズを通して善戦を繰り返し、長年のランスファンに「今年はすごいぞ!」と思わせてくれました。

成績上は負け越してしまったものの、ファンや団体に与えたインパクトは大きく、下半期の彼は明らかに外国人レスラーのトップ層としてのプッシュを受けていました。ジュース・ロビンソンが保持していたIWGP USヘビー級王座を獲得し、2020年のレッスルキングダムではジョン・モクスリーを相手に防衛戦を戦うという素晴らしい機会を得ることもできました。

その後、彼はAEWへの移籍を決めますが、新日本への愛情は決して忘れておらず、新日本からAEWに誰かが参戦すれば積極的に絡みに行き、元ボスの鈴木みのるがやってくれば大喜びでツーショット写真を撮る。鈴木軍Tシャツを愛用し続ける。AEWのリングでIWGP USヘビー級王座に挑戦する。AEWで最も新日本愛の強いレスラーの1人なのは間違いありません。

AEWと新日本の交流が本格化した2022年、彼は久々にG1 CLIMAXに出場することになりました。AE所属の身として、プロレス界最大のリーグ戦に参戦する。そのことについて、彼はどう考えているのでしょうか?ラジオ番組「1023 XLC」にゲスト出演した彼は、次のように語っています。

驚くべきことだね。俺には新日本でやってきた経歴があり、AEWと新日本をつなぐコネクションがあり、AEW代表としてただ一人、G1 CLIMAXに出場することができるんだ。新日本は50周年イヤーを迎えていて、その歴史は本当に豊かだよ。G1 CLIMAXはプロレス界最大のリーグ戦で、その存在感は他を圧倒するレベルだ。毎年素晴らしい。再びその一部になることができるなんて最高だし、本当に誇らしいよ。

俺は2019年のG1に出場したことがあって、ウィル・オスプレイとの試合はAXS TVで全米に生中継されていた。この年、アメリカに住む多くの人々がG1を初体験したんだ。ここ数年は新型コロナウイルスのパンデミックの影響もあって鳴りを潜めていたけど、今は規制が解除されはじめてきて、新しいレスラーたちのビザも発行されるようになり、俺が新日本に行って戦うための扉が開かれたんだ。AEWの代表として、新日本での歴史を持つレスラーとして、俺がG1に出場するのは完璧だよ。とても光栄なことだと思っているし、ぶっ飛ばしに行く準備はできてる。

新日本がアーチャーの参戦を望み、AEWがそれを許可した。素晴らしいことです。AEWでの進化を日本のファンに見せてほしいですね。

FULL MATCH: Lance Archer vs Eddie Kingston | AEW Dynamite

(Fightful)

あわせて読みたい

【AEW】クリス・ジェリコがMJFを語る。「AEWにいた方がいい。でも、止められない」
AEW所属のMJFは、Dynamiteでの団体への不満を爆発させた伝説級のプロモを披露した後、テレビ番組に出演していません。 AEWのテレビ番組を放送するテレビ局の親会社であるワーナーメディアは、MJFを広告に一切起用しないよ...
【新日本プロレス】ダニエル・ガルシアがベスト・オブ・ザ・スーパー・ジュニアへ参加できなかったことに憤る。「ちょっとムカついたよ」
新日本プロレスとAEWの「禁断の扉」が開き、両団体の交流が活発になっています。 先日開催されたベスト・オブ・ザ・スーパー・ジュニア29には、AEWで人気急上昇中のウィーラー・ユウタが参戦。ROHピュア王座チャンピオンの名に恥じ...

ランキング参加中。

人気ブログランキング

にほんブログ村

タイトルとURLをコピーしました