スポンサーリンク

【WWE】元NXTプロデューサー、ロード・ドッグがWWEからの解雇を語る。「ビンスが俺をタップさせた。彼は仕事中毒だ」

ニュース

D-ジェネレーションXのメンバーとして活躍し、2019年にWWE殿堂入りを果たしたロード・ドッグ。

彼は2014年からNXTでプロデューサーとして働いていましたが、2022年1月に団体から解雇されました。この月はHHH時代のNXTを支えていたスタッフたち、ウィリアム・リーガル卿やゲイブ・サポルスキーらも解雇され、スタッフの新陳代謝が行われたという印象です。

彼らと共にNXTのスタッフとして働いていたマット・ブルーム(ジャイアント・バーナード)もそうですが、HHHの右腕たちについての悪い話を聞く機会はほとんどなく、現場の選手たちは彼らを賞賛することが多かったのですが、組織を持続させるため、NXTの新時代を作っていくためには空気の入れ替えは必要だったのでしょう。

ただし、ロード・ドッグはそこ以外にも「解雇された理由」を感じ取っているようです。Podcast番組「Oh… You Didn’t Know?」の中で、彼はWWEからの解雇について語りました。

俺がビンス・マクマホンと一緒に働けなかった、ということじゃないんだけどさ。彼が俺をタップアウトさせたんだよ。タップせざるを得ない状況になるまで俺を働かせたんだ。彼は彼のやり方で仕事をしていただけなのにね。

これは悪意でも何でもないんだけど、ビンスはワーカホリック(仕事中毒)だよ。俺は彼についていこうとして、途中で挫折してしまって、解雇されたわけだ。最終的には、「ちょっとでいいから家に帰らせてくれ」って感じだったね。ついていけなかった。彼は本当に働き者で、俺はタップアウトしてしまったわけさ。76歳の老人に極められたんだ。

衰え知らずの76歳。WWEのために生きているような人生。スキャンダルもあり、現在は会長&CEOの座から退いていますが、ビンスは本当に恐ろしい存在です。

ビンス・マクマホンのスキャンダルに揺れるWWE。団体内は沈黙に包まれ、代役のステファニー・マクマホンには同情の声
ビンス・マクマホンがWWEの元女性従業員と不倫関係を持ち、300万ドルの口止め料を支払ったというスキャンダルは団体に大きな影響を与えました。 WWEを象徴する存在であるビンスは、WWE役員会によるスキャンダルの調査が終了するま...

Mr. McMahon prepares the WWE Universe for John Cena’s return: Raw, June 20, 2022

Wrestling Inc

あわせて読みたい

【AEW】クリス・ジェリコがMJFを語る。「AEWにいた方がいい。でも、止められない」
AEW所属のMJFは、Dynamiteでの団体への不満を爆発させた伝説級のプロモを披露した後、テレビ番組に出演していません。 AEWのテレビ番組を放送するテレビ局の親会社であるワーナーメディアは、MJFを広告に一切起用しないよ...
【新日本プロレス】ランス・アーチャーが久々のG1 CLIMAX出場への意気込みを語る。「光栄だ。ぶっ飛ばしに行く準備はできてる」
2019年のランス・アーチャーは明らかにキャリアハイの一年を過ごしていました。 タッグパートナーだったデイビーボーイ・スミス・ジュニアが新日本を退団したことによりシングルプレイヤーとして売り出されるチャンスを得た彼は、この時の...

ランキング参加中。

人気ブログランキング

にほんブログ村

タイトルとURLをコピーしました