スポンサーリンク

ビンス・マクマホンのスキャンダルに揺れるWWE。団体内は沈黙に包まれ、代役のステファニー・マクマホンには同情の声

ニュース

ビンス・マクマホンがWWEの元女性従業員と不倫関係を持ち、300万ドルの口止め料を支払ったというスキャンダルは団体に大きな影響を与えました。

WWEを象徴する存在であるビンスは、WWE役員会によるスキャンダルの調査が終了するまで会長&CEOを辞し、クリエイティブ・コンテンツ関連の仕事に専念。団体内で非常に強い影響力を持っていたとされ、ビンスのスキャンダルに巻き込まれる形で過去の不品行疑惑が浮上したタレント・リレーション部門責任者のジョニー・エース(ジョン・ロウリネイティス)は休職することになりました。ビンスの代わりは娘のステファニー・マクマホン。エースの代役を務めるのは、RAW & SmackDownのエグゼクティブ・ディレクターを務めるブルース・プリチャードです。

【WWE】ビンス・マクマホンのスキャンダル、ステファニー・マクマホンの復職。団体内のリアクションはどうなっているのか?
ウォール・ストリート・ジャーナル誌によるスクープにより、スキャンダルが明らかになったビンス・マクマホン。 女性従業員と不倫関係となったこと、彼女をおもちゃのように扱ったとされること、彼女に300万ドルを支払う代わりに秘密保持契...
WWE役員会がビンス・マクマホンを解雇できる「たった2つの条件」があると報じられる
WWEの最高責任者。プロレス界で最も強い影響力を持つ男。76歳のビンス・マクマホンは、最近スクープされた元従業員女性との不倫、そして口止め料300万ドルの支払いというスキャンダルによって窮地に立たされる可能性があるようです。 ...
【WWE】不品行疑惑のジョニー・エースについて匿名のWWE女性選手がコメント。「一緒にいるくらいならアレの方がマシ」
ビンス・マクマホンが元WWE女性職員と不倫関係を持ち、口止め料として300万ドルを支払うことに合意した、というウォール・ストリート・ジャーナル誌のスクープが話題です。 2020年、WWEが選手たちを大量に解雇して経費削...

スクープから約1週間。団体内はどのような状況になっているのでしょうか?

PWInsiderによれば、この状況がどの程度悪くなるのか、団体への損害がどの程度になるのかを理解できている人は当然1人もおらず、スタッフたちは混乱に巻き込まれないようにするために「沈黙を保っている」そうです。ビンスはともかく、エースの今後はまったく不透明な状態で、今後の団体内で誰が権力を持つようになるのかがわからないという状況で発言することは、スタッフたちにとってリスクなのでしょう。ちなみに、WWEのトップ権力者グループには、ビンスとエース、そしてプリチャードの他に、WWE役員会によるスキャンダル調査の陣頭指揮を取るニック・カーン社長、そしてこのスクープの中でまったく名前が出てこないエグゼクティブ・プロデューサーのケビン・ダンの2人がいます。

また、ビンスの代わりに暫定会長&CEOに就任したステフには「たくさんの同情が寄せられている」とのこと。どう考えたってステフが得をするような状況ではありませんし、家族のために休職していたのに父親のスキャンダルで急に復職することになったのも気の毒です。また、マクマホン・ファミリーに関連した話題では、夫ビンスのスキャンダルが大きな話題になる中、リンダ夫人は相変わらず強い存在感を示しているそうです。

WWEに平穏が戻る日は来るのでしょうか…。

PWInsider

あわせて読みたい

【AEW】クリス・ジェリコがMJFを語る。「AEWにいた方がいい。でも、止められない」
AEW所属のMJFは、Dynamiteでの団体への不満を爆発させた伝説級のプロモを披露した後、テレビ番組に出演していません。 AEWのテレビ番組を放送するテレビ局の親会社であるワーナーメディアは、MJFを広告に一切起用しないよ...
【新日本プロレス】ランス・アーチャーが久々のG1 CLIMAX出場への意気込みを語る。「光栄だ。ぶっ飛ばしに行く準備はできてる」
2019年のランス・アーチャーは明らかにキャリアハイの一年を過ごしていました。 タッグパートナーだったデイビーボーイ・スミス・ジュニアが新日本を退団したことによりシングルプレイヤーとして売り出されるチャンスを得た彼は、この時の...

ランキング参加中。

人気ブログランキング

にほんブログ村

タイトルとURLをコピーしました