スポンサーリンク

【AEW】ストークリー・ハサウェイ(マルコム・ビベンス)がAEWの居心地の良さを語る。「古い仲間と会える。言葉にできない」

インタビュー

2022年4月にWWEから解雇されたマルコム・ビベンス。

彼は2021年の時点でWWEとの再契約に興味がなかったとされ、2022年2月に年俸25万ドルに昇給した上でメインロースターに昇格するオファーを受けたものの、これを蹴ったと報じられました。

AEW入団のストークリー・ハサウェイ(マルコム・ビベンス)、WWEからの25万ドルのオファーを断っていたことが明らかに
The Diamond MineのメンバーとしてNXTで活躍していたマルコム・ビベンス。 彼は2021年の時点で「WWEとの契約を更新せず、契約が満了したら対談する」という意志を固めていたようで、2022年2月にWWEから新契...

契約満了を待たずに解雇された彼は、リングネームを「ストークリー・ハサウェイ」に戻してAEWと契約し、5月のPPV「Double or Nothing」にサプライズ登場。ジェイド・カーギル率いるThe Baddiesのマネージャーとして活動していくことになりました。

WWE内部では、「ビベンスはAEWに行きたがっている」という噂が流れていたそうで、彼が実際にAEWと契約したことで噂が本当だったことが判明しました。AEW合流から1ヶ月程度ですが、彼は既にAEWの居心地の良さを味わっているようです。Busted Open Radioにゲスト出演した彼は、AEWについて次のように語りました。

(新天地AEWについて質問され)言葉で言い表すことはできないよ。めっちゃ楽しい時間を過ごすことができているし、お金もらいすぎなんじゃないか?って思ってトニー(・カーンAEW社長)に申し訳なさを感じるくらいだ。これまでのキャリアで一番楽しい日々だね。

ロッカールームに入って、かつてインディシーンで一緒に頑張っていた友人や、一緒に成長していった仲間に会えるなんて。この気持ちをどうやって言葉にしたらいいんだろう?俺は本当に恵まれているよ。

彼は、AEWでオレンジ・キャシディ & チャック・テイラー(チャッキーT)と再会できたことをとても嬉しく思っているようです。2人とはインディ時代に抗争を繰り広げた過去があり、その頃の思い出に浸りつつ、現在進行系で頑張っている2人から刺激を受けているみたいですね。

2019年以来、試合への出場から遠ざかっているハサウェイ。今後、彼がAEWのリングに上がり、再びキャシディやテイラーと抗争を繰り広げることはあるのでしょうか?

Athena Has Her Sights Set on Jade Cargill & Stokely Hathaway | AEW Dynamite, 6/1/22

[Free Match] Orange Cassidy v. Stokely Hathaway | Beyond Wrestling (AEW Dark WWE NXT Malcolm Bivens)

Wrestling Inc

あわせて読みたい

【AEW】ジョン・モクスリーが新日本プロレスとの関係を語る。「あそこで働くのはやめろ、といろんな人に言われた」
2019年にWWEを退団した後、AEW所属レスラーとして新日本プロレスへ積極的に参戦しているジョン・モクスリー。新型コロナウイルスのパンデミックにより来日できない期間が続いているものの、多くのファンにとって彼は新日本の一員です。 ...
リオ・ラッシュがWWE復帰の可能性についてコメント。「状況は変わる。俺の価値は上がった」
インディシーンで活躍したのちWWEへ入団し、クルーザーウェイト級でしっかりと結果を残したリオ・ラッシュ。 メインロースターとしてはボビー・ラシュリーとともに活動していましたが、彼はこの頃にバックステージでヒートを買っていたとさ...

ランキング参加中。

人気ブログランキング

にほんブログ村

タイトルとURLをコピーしました