スポンサーリンク

【AEW】ジョン・モクスリーが新日本プロレスとの関係を語る。「あそこで働くのはやめろ、といろんな人に言われた」

ニュース

2019年にWWEを退団した後、AEW所属レスラーとして新日本プロレスへ積極的に参戦しているジョン・モクスリー。新型コロナウイルスのパンデミックにより来日できない期間が続いているものの、多くのファンにとって彼は新日本の一員です。

AEWと新日本の合同興行「Forbidden Door」で、彼は棚橋弘至とのAEW世界王座の暫定チャンピオンを決める一戦に挑みます。AEWの顔として、新日本のエースには負けられません。

【AEW】ジョン・モクスリーがアルコール依存治療プログラムでの苦闘を語る。「後遺症に対処して身体を整えるのは大変だった。引退を勧められた」
2021年11月、AEWのトップスターであるジョン・モクスリーは入院型アルコール依存治療プログラムに参加するため、プロレスラーとしての活動を停止しました。 翌年1月に復帰できたものの、治療に参加した当時は復帰時期が未定で、いつ...
ブライアン・ダニエルソンのAEW入団において、ジョン・モクスリーが重要な役割を果たしていたことが明らかに
先日開催されたAEWのPPV「Revolution」で行われたブライアン・ダニエルソンとジョン・モクスリーのシングルマッチは予想通りの激戦となりました。 試合後に2人のメンターであるウィリアム・リーガル卿が登場したことも含めて...

そんな彼は、新日本で活動することについて、周囲の人々からさまざまな意見をもらっていたようです。妻ルネ・パケットのPodcast番組にゲスト出演した彼は、新日本との関係について語りました。

「新日本プロレスと仕事をするのはやめろ」と言ってくる人はたくさんいたんだ。俺が新日本で働くのがどういうことなのか、理解せずに発言している感じだったね。「とにかくやめるべきだ」ってさ。

俺は理解してたんだ。俺は最後の要なんだ、と。俺が倒れたら、AEWと新日本のコミュニケーションがなくなってしまう。俺の言うことに賛同してくれる人は両サイドにたくさんいた。それでコミュニケーションがうまくいかないこともあってね。まあ、ハロルドさん(ハロルド・ジョージ・メイ。AEWとの関係に懐疑的で、関わりを持とうとしなかった元新日本社長)が新日本からクビになって、少しはやりやすくなったかな。

メイ政権下の新日本とAEWの間には常に不穏な空気が漂っていましたね。あの頃はケニー・オメガも変なことを言っていたし…。

モクスリーが踏みとどまろうとしてくれたおかげでForbidden Doorが開催されます。そのメインイベントで、対戦を待ち望んでいた棚橋を相手に、彼はどんな試合を見せてくれるのでしょうか?

Jon Moxley and Tanahashi Finally Come Face to Face | AEW Dynamite: Road Rager, 6/15/22

SESCOOPS

あわせて読みたい

【新日本プロレス】ランス・アーチャーが久々のG1 CLIMAX出場への意気込みを語る。「光栄だ。ぶっ飛ばしに行く準備はできてる」
2019年のランス・アーチャーは明らかにキャリアハイの一年を過ごしていました。 タッグパートナーだったデイビーボーイ・スミス・ジュニアが新日本を退団したことによりシングルプレイヤーとして売り出されるチャンスを得た彼は、この時の...
【AEW】躍進中のウォードローが活躍のモチベーションを語る。「女性視聴者が増えるきっかけになりたい」
MJFのボディガードとして2019年からAEWに参戦しているウォードロー。MJFと決裂し、シングルプレイヤーとして独り立ちした34歳は、今最も注目を集めているAEWレスラーの1人です。 体格よしルックスよし動きよし。パワーなら...

ランキング参加中。

人気ブログランキング

にほんブログ村

タイトルとURLをコピーしました