スポンサーリンク

【AEW】新日本プロレスとのForbidden Doorの純収益は約440万ドル。新日本プロレスワールドでのPPV購入件数は約7,000件

ニュース

現地6月26日に開催されたAEWと新日本プロレスの合同興行「Forbidden Door」は世界中のプロレスファンの夢を叶えるショーでした。

双方に出場不可能なレスラーが続出したことでカード編成は大変だったものの、ウィル・オスプレイとオレンジ・キャシディによるIWGP USヘビー級王座戦やジョン・モクスリーと棚橋弘至によるAEW世界王座暫定チャンピオン決定戦など、行われた試合は名勝負ばかり。やっぱりスティングは大ハッスルしました。

【新日本プロレス】ロッキー・ロメロがForbidden Doorの裏側を語る。「オスプレイ VS キャシディはホームランになると確信」
現地6月26日に開催され、好評を博した「Forbidden Door」。AEWと新日本プロレスが初めて本格的にタッグを組んで開催した合同興行は見どころ十分でした。 注目カードはたくさんあったものの、ファンからの評判が一番良かっ...
【AEW】新日本プロレスはForbidden Doorでヤング・バックスのIWGPタッグ王座挑戦を希望していたと報じられる
現地6月26日に開催されたAEWと新日本プロレスの合同興行「Forbidden Door」。 タッグ戦線が非常に充実しているAEWのタッグ王座を保持するヤング・バックスは、Bullet Clubのエル・ファンタズモとトリオを組...
【AEW】スティング(63)がAEWでの活動に感謝。「新しい世代のレスラーがリスペクトしてくれてありがたい」
WCWの顔として活躍し、90年代のプロレス界を象徴する存在だったスティング。 63歳になった今、彼はAEWで再び全盛期を迎えています。若手レスラーのダービー・アリンと共に行動し、大ベテランとは思えない派手なダイブを見せてくれる...

レスリング・オブザーバーによれば、このショーのPPV購入件数は約12万7000件。そのうち7,000件が新日本プロレスワールドでの購入ケースだったようです。要するに、7,000人の日本在住プロレスファンが見たイベントだったんですね。

5月にAEWが開催したPPV「Double or Nothing」のPPV購入件数は約15万5000件だったため、数字はそれなりに減少してしまいました。アメリカ国内での購入件数はAEWのPPVとそれほど変わらなかったものの、アメリカ国外での数字が大きく減少したようです。

ただし、儲かったショーなのは間違いありません。Wrestlenomicsによれば、PPV購入による純利益は約310万ドル。会場のチケットやグッズ販売を含めると、全体の純利益は約440万ドルに及ぶそうです。現在の為替レートだとだいたい6億円ですね。

これだけの儲けが出るのであれば、日本からレスラーをたくさん連れてきたかいがあったというものです。新日本側は日本でのForbidden Door開催に前向きなので、今度はぜひ日本で!今回は欠場となったケニー・オメガやCMパンク、ブライアン・ダニエルソンが出場できれば大きな盛り上がりになるでしょうし、オレンジ・キャシディやダービー・アリンなど、Forbidden Doorで日本のファンに顔を売ったレスラーたちの参戦にも期待です。2人とも日本でものすごく人気が出そう。あとはスティング!両国国技館の入場ゲート上からのダイブに期待です。日本武道館の2階席からのダイブはいくらスティングでも危ないので、それは飯伏幸太がやればいいことですね。

(Wrestling Observer, Wrestlenomics, Cultaholic)

あわせて読みたい

クラウディオ・カスタニョーリ(セザーロ)のAEW入団にWWEの元同僚たちがショックを受けていると報じられる
AEWと新日本プロレスの合同興行「Forbidden Door」で実現するはずだったブライアン・ダニエルソンとザック・セイバー・ジュニアによるテクニシャン頂上決戦。 ブライアンの負傷により試合は中止となり、ザックはブライアンの...
【WWE】紫雷イオの契約が8月で満了すると報じられる
日本の女子プロレス界を代表するスターレスラーとして2018年にWWEと契約した紫雷イオ。 NXT女子王座やNXT女子タッグ王座を獲得するなど、タイトル戦線での実績は十分ですが、メインロースターには昇格しないまま月日が流れました...

ランキング参加中。

人気ブログランキング

にほんブログ村

タイトルとURLをコピーしました