スポンサーリンク

ブライアン・ダニエルソン & クリス・ジェリコからのジョン・シナのデビュー20周年祝福メッセージ。実現のためにWWEとAEWが手を組んだ

ニュース

先日放送されたRAWは、ジョン・シナのデビュー20周年を祝う内容でした。

番組では、彼の元同僚で、現在はAEWのロースターとして活躍している「ダニエル・ブライアン(ブライアン・ダニエルソン)」とクリス・ジェリコ、そして「ビッグ・ショー(ポール・ワイト)」からのお祝いのビデオメッセージが流れました。両団体の関係を考えれば、2人がWWEの番組に登場するのはサプライズです。実現の背景には何があったのでしょうか?

レスリング・オブザーバーによれば、RAW & SmackDownのエグゼクティブ・ディレクターを務めるブルース・プリチャードがAEW社長のトニー・カーンへ連絡し、ジェリコ、ブライアン、ワイト、そしてマーク・ヘンリーの4人からビデオメッセージをもらうことが可能かどうかを問い合わせたのだそうです。トニーは「自分は構わないが、その判断は彼ら自身に委ねる」と返事をし、AEWのシニア・バイス・プレジデントを務めるメガ・パーリクから4人へビデオの撮影を打診したとのこと。

結局、放送に乗ったのはジェリコ、ブライアン、そしてワイトのメッセージだけで、ヘンリーのメッセージは放送されませんでした。このことについて、彼はPodcast番組「Busted Open Radio」に出演した際、「メッセージの中でPro Wrestlingという言葉を使っていたからじゃないか」と見解を述べています。WWEはスポーツ・エンターテインメントの団体ですからね。

WWEとAEWのクロスオーバーはこれまでに例がなかったわけではなく、ジェリコがスティーブ・オースチンの番組「Broken Skull Sessions」にゲスト出演したことがありました。また、WWEのPPV「Royal Rumble」にインパクト・レスリングからミッキー・ジェームスが参戦したり、AJスタイルズがインパクトのPPV「Slammiversary」にビデオメッセージを寄せたりと、WWEと他団体の交流は増えている傾向にあります。今後も交流は続くのでしょうか?

Mr. McMahon introduces John Cena: Raw, June 27, 2022

(Wrestling Observer, Wrestling Inc)

あわせて読みたい

クラウディオ・カスタニョーリ(セザーロ)のAEW入団にWWEの元同僚たちがショックを受けていると報じられる
AEWと新日本プロレスの合同興行「Forbidden Door」で実現するはずだったブライアン・ダニエルソンとザック・セイバー・ジュニアによるテクニシャン頂上決戦。 ブライアンの負傷により試合は中止となり、ザックはブライアンの...
【WWE】紫雷イオの契約が8月で満了すると報じられる
日本の女子プロレス界を代表するスターレスラーとして2018年にWWEと契約した紫雷イオ。 NXT女子王座やNXT女子タッグ王座を獲得するなど、タイトル戦線での実績は十分ですが、メインロースターには昇格しないまま月日が流れました...

ランキング参加中。

人気ブログランキング

にほんブログ村

タイトルとURLをコピーしました