スポンサーリンク

【WWE】ビンス・マクマホンはスキャンダル後もSmackDownの収録に参加。スキャンダルには一言も触れなかったと報じられる

ニュース

2022年6月に報じられた不倫 & 口止め料支払いスキャンダルが原因で会長&CEO職から離れることになったビンス・マクマホン。彼はクリエイティブ・コンテンツでの仕事に専念することになり、引き続き番組制作の最前線に立っています。

しかし、昨日、ウォール・ストリート・ジャーナルが「ビンスは過去16年間に1200万ドル以上の口止め料を4人の女性に支払い、彼の性的非行や不倫に関する情報漏えいを防ごうとした」と報じました。このスクープの影響は大きく、Netflixは製作途中だったビンスのドキュメンタリー番組の制作を中止。巨額の予算を投じていた一大プロジェクトでしたが、スキャンダルにより続行不可能になったと判断されたのでしょう。

【WWE】ビンス・マクマホンが「性的非行や不倫の疑惑を抑えるため」過去16年間で1200万ドル以上の口止め料支払いに同意していたと報じられる
2022年6月、元WWE女性従業員との不倫や口止め料300万ドルの支払いが報じられたビンス・マクマホン。最高責任者である彼のスキャンダルは団体を大きく揺るがしました。ウォール・ストリート・ジャーナルという超有名誌のスクープであることも影響し...
【WWE】Netflix制作のビンス・マクマホン ドキュメンタリーが制作中止になると報じられる。立て続けのスキャンダルが原因か
2022年6月に報じられたビンス・マクマホンの不倫&口止め料支払いスキャンダル。 昨日、ウォール・ストリート・ジャーナルがその続報をスクープしました。ビンスは過去16年間に1200万ドルもの口止め料支払いに合意し、4人の女性た...

ビンスの立場はかなり危うくなっています。しかし、それはあくまで団体の外側の話。PWInsiderによれば、スキャンダル後に放送されたSmackDownのバックステージにはいつも通りビンスの姿があったそうです。

しかし、彼はウォール・ストリート・ジャーナルのスクープについて一言も言及せず、「elephant in the room(ゾウ級の存在感を持つにも関わらず、誰もそのことに触れないタブーがある、という英語の例え)」扱いになっていたとのこと。前回のスキャンダルよりもインパクトが遥かに大きかったわけですから、そこで「Sell」はできなかった、ということですね。女性選手に凄まじいレベルのセクハラをしていたことも報じられてしまったわけですし…。

Mr. McMahon addresses the WWE Universe: SmackDown, June 17, 2022
【WWE】ビンス・マクマホンのスキャンダルについて、上層部から従業員向けの声明文が発表される。「真剣に受け止めている」
2ヶ月連続のスキャンダルに揺れるWWE。 ウォール・ストリート・ジャーナルが団体の最高責任者ビンス・マクマホンについての性的なスキャンダルをスクープしたことの影響はかなり大きくなりそうで、Netflixは多額の費用を投じていた...

PWInsider

あわせて読みたい

【海外の反応】AEW・Rampageで行われた竹下幸之介 VS エディ・キングストンに賞賛の嵐。「期待を超えた」
DDTからアメリカへ遠征中の竹下幸之介。 AEWを中心に様々な団体へ参戦している彼は、アメリカのファンにその実力をしっかりと見せつけています。ジェイ・リーサル、アダム・ブルックス、ハングマン・ペイジ、マイク・ベイリー、リー・モ...
【新日本プロレス】ウィル・オスプレイがAEWのオレンジ・キャシディを絶賛。「とんでもないことをやってのけた」
AEWと新日本プロレスの合同興行「Forbidden Door」で行われたIWGP USヘビー級王座戦。チャンピオンのウィル・オスプレイは、AEWの人気レスラー、オレンジ・キャシディと対戦し、激闘の末なんとか勝利をもぎ取りました。 ...

ランキング参加中。

人気ブログランキング

にほんブログ村

タイトルとURLをコピーしました