スポンサーリンク

【WWE】Netflix制作のビンス・マクマホン ドキュメンタリーが制作中止になると報じられる。立て続けのスキャンダルが原因か

ニュース

2022年6月に報じられたビンス・マクマホンの不倫&口止め料支払いスキャンダル。

昨日、ウォール・ストリート・ジャーナルがその続報をスクープしました。ビンスは過去16年間に1200万ドルもの口止め料支払いに合意し、4人の女性たちに対して、ビンスによる性的非行や不倫を口外しないことを求める秘密保持契約を交わしていた…という内容です。4人の中には元選手も含まれており、世間からの反応は「アウト」の一言。このスキャンダルはビンスの晩年に影を落とすものになりそうです。

【WWE】ビンス・マクマホンが「性的非行や不倫の疑惑を抑えるため」過去16年間で1200万ドル以上の口止め料支払いに同意していたと報じられる
2022年6月、元WWE女性従業員との不倫や口止め料300万ドルの支払いが報じられたビンス・マクマホン。最高責任者である彼のスキャンダルは団体を大きく揺るがしました。ウォール・ストリート・ジャーナルという超有名誌のスクープであることも影響し...

ジャーナリストのデニス・サルセドによれば、NetflixとWWEがタッグを組み、Netflix史上最大の予算が割り当てられていたビンスのドキュメンタリー番組制作が中止になり、Netflixの予定表からも外されたそうです。

順調に制作が進んでいたドキュメンタリーには既に数100万ドルが投入されていたとのこと。制作に携わっていたプロデューサーたちに取材したサルセドは、この件について彼らが否定も肯定もしなかったと伝えています。

あわせて読みたい

【AEW】トニー・カーン社長がケニー・オメガとアダム・コールの怪我&復帰時期についてコメント。「いつになるかはわからないが、楽観視してる」
怪我人が続出しているAEW。 ジョン・モクスリーとクリス・ジェリコ以外のトップスターは全員負傷欠場中で、この2人も2021年の下半期に色々ありました。プロレスというジャンルの特性上、怪我のリスクはつきものです。怪我をしてしまっ...
【WWE】サーシャ・バンクス&ナオミが団体内部のロースターリストから外されたと報じられる
クリエイティブへの不満からRAWの収録をボイコットし、無期限謹慎処分となったサーシャ・バンクスとナオミ。 契約切れが目前迫っていたタイミングでの「背信行為」は団体の上層部を怒らせ、番組でも実況席から2人を非難するコメントが出た...

ランキング参加中。

人気ブログランキング

にほんブログ村

タイトルとURLをコピーしました