スポンサーリンク

【WWE】ブロック・レスナーとの最初の契約における年俸に対し、ビンス・マクマホンは激怒した

インタビュー

プロレスという枠を超え、MMAファイターとしても実績を残したブロック・レスナー。

WWEだけではなく、プロレス界において彼の存在は特別で、WWEは年俸で彼の貢献に応えています。彼の年俸は業界トップクラス(2020年時点の契約で1200万ドル)で、試合や番組への出番の少なさを考えれば、彼にとってその契約の価値は格段に上がります。規格外の契約を用意してでもロースターに加えたい。レスナーは別格の存在です。

WWEの名物アナウンサーとして長年に渡って活躍し、副社長を務めていた時期もあるジム・ロスは、WWEがレスナーと最初に結んだ契約の年俸について、最高責任者ビンス・マクマホンが怒っていたことを明かしました。

俺がブロック・レスナーに払おうとしていた金額の話をしたら、ビンスは俺のことを「非常識なやつ」だとでも言いたげな感じで俺を見て、怒ったんだよ。25万ドルくらいだったかな。その頃、ザ・ロックは100万ドルの年俸をもらっていたと思う。

アマレスの強豪選手で、アスリートとして将来有望な若者に支払う金額として、2000年台初頭に25万ドルを支払うのは「払い過ぎ」か「バーゲン」か?その後、彼は優れたパフォーマンスでさらに大きな契約を得ることになります。契約内容を上回る活躍で大金を稼ぐ好例ですね。

クリス・ジェリコがブロック・レスナーとのガチ喧嘩(2016)を語る。「ランディ・オートンへの危険なエルボーにクソむかついた」
WWEの超大物選手同士がバックステージでガチ喧嘩。ビンス・マクマホンが仲裁に入って事なきを得た…そんな話です。 事件が起きたのは2016年のSummerSlam。ブロック・レスナーはランディ・オートンと対戦し、オートンの頭部に...
【WWE】ブレット・ハートがブロック・レスナーを絶賛。「ゴールドバーグとは正反対だ」
プロレス界最大のビッグネーム、ブロック・レスナー。この業界で最も稼ぐ男です。 彼の活動については様々な意見が飛び交いがちですが、WWEという舞台でビッグネームとして期待に応え続けているのは間違いありません。そんな彼は、夢の対戦...

あわせて読みたい

【AEW】クリス・ジェリコ「クラウディオ・カスタニョーリ(セザーロ)のスチールケージ上でのジャイアントスイングとかは俺のアイデア」
AEWが年に1回開催する「Blood & Gutsマッチ」。 WWEのWarGamesと同じ形式で開催されるめちゃくちゃな内容の試合で、スチールケージ内に2つのリングを作り、各チームから時間差で1人ずつケージ内に入ると...
【AEW】ゴールドバーグがクリス・ジェリコとの関係を語る。「険悪だった時期もあるけど、本当に良い奴だ」
大手団体に所属するプロレスラーは常に一緒に旅をするため、毎日近い距離で仲間たちと接することになります。 仲良くなる人もいれば、そうじゃない人もいる。それでも一緒に仕事をしなければならない。怪我のリスクが非常に高いエンタメに身を...

ランキング参加中。

人気ブログランキング

にほんブログ村

タイトルとURLをコピーしました