スポンサーリンク

【AEW】バックステージでのCMパンクについてリッキー・スタークスが語る。「彼は真のリーダーだ」

インタビュー

2021年8月にプロレス界へ復帰したCMパンク。

約7年ぶりのプロレスラーとしての活動は好評で、彼の立場に対するモヤモヤがあるファンもいるものの、パフォーマンスそのものはブランクを感じさせません。天性の才能は今も衰えておらず、2022年5月のPPV「Double or Nothing」でAEW世界王座の5代目チャンピオンに獲得した彼が今後のAEWを引っ張っていくだろう……と期待されていました。

しかし、彼はその直後に脚を負傷し、欠場に入ります。復帰時期は未定ですが、AEW世界王座を返上せずに暫定王座を設けるというトニー・カーン社長の方針により、復帰後もチャンピオンとして活動することになります。

AEW入団直後のパンクが「一緒に仕事をしたい」と希望していたリッキー・スタークスは、バックステージでのパンクについて次のように語っています。

パンクは真のリーダーだよ。彼には何度もアドバイスを求めたけど、それをいつも喜んで受け入れてくれた。だから、彼が欠場しているのは寂しいね。ロッカールームに彼がいないと、雰囲気がぜんぜん違うんだ。いつ戻ってくるだろうって、指折り数えているよ。

パンクは若手へ経験を伝えることに積極的で、プロレス界の発展を常に願っている男です。彼のような存在がバックステージにいて、アドバイスしてくれるのはAEWのレスラーたちにとって本当に大きなことです。

【AEW】ジム・ロスがCMパンクを語る。「プロレス界の宝。知識やノウハウの共有をいとわない男だ」
カルト的な人気を誇るプロレスラー、CMパンク。「プロレスラー」とはいっても最後の試合からすでに7年半が経過していますが、ここ6ヶ月はドラマ「Heels」で演じるヒールレスラー役のためのトレーニングを重ね、コンディションは万全だとされています...

The New AEW World Champion Kicks Off The Summer of Punk | AEW Dynamite, 6/1/22

Wrestling Inc

あわせて読みたい

ラストマッチを控えるリック・フレアーが脚を負傷したと報じられる。アンドラーデとのタッグはどうなる?
現地7月31日に開催されるプロレスイベント「Starrcast V」でラストマッチが行われる予定のリック・フレアー。 73歳の彼は久々の試合に向けてジェイ・リーサルらを相手にトレーニングを重ねてきましたが……。 レスリン...
【WWE】リドルがセス・ロリンズとの長引くガチ不仲を語る。「仕事はできるが、友達じゃない」セスも「あいつのことはずっと嫌いだ」
レスラー同士の友情は美しく、いつの時代も「良きもの」としてポジティブに見られてきました。 その一方で、レスラー同士の不仲は必要以上に話題にされることも多く、不穏な抗争の火種になることもしばしば。ファンはレスラーたちの実生活を断...

ランキング参加中。

人気ブログランキング

にほんブログ村

タイトルとURLをコピーしました