スポンサーリンク

【WWE】セス・ロリンズが胸筋断裂状態のコーディ・ローデスとの試合を振り返る。「かなりグロかった」

インタビュー

PPV「Hell in a Cell」でのセス・ロリンズ戦を目前に控えていたコーディ・ローデスは、トレーニング中に胸筋断裂を負傷を負いました。

彼の胸筋は骨から完全に離れ、ひどい内出血は腕から脇を経てへそのあたりまでを紫色に染めました。そんな状態でも彼が試合に出場したのは、試合をしたとしてもそれ以上状態が悪くなるとは考えられなかったこと、彼自身が出場を強く望んだことが要因になったとされています。

彼のパフォーマンスは素晴らしく、彼のキャリアのハイライトになったことは間違いありません。しかし、彼の痛々しい姿は、観客だけではなく、対戦相手のセスさえも怖がらせていました。

Digital Spyによるインタビューの中で、セスは次のように試合を振り返りました。

かなりグロかったよね。あそこまでのことになるなんて、誰も思ってなかったんじゃないかな。俺も何度か筋肉を痛めたことがあるし、内出血であんな感じになってしまうのは知っていたけど、あれほどのものは見たことがない。HHHがショーの最中に胸筋を痛め、その写真をネットに公開したことがあってさ。あれもかなり残酷な写真だったけど、コーディほどじゃなかったような気がする。

上腕二頭筋、上腕三頭筋、肩、胸筋、そしてへそのあたりまで内出血があって、かなりグロかった。凄まじい衝撃を受けたし、シカゴの観客も同じ気持ちだったんじゃないかな。観客たちは、最初のうちはかなり気持ち悪いと思っていたんだ。あまりにも凄いものを見ていたから、みんな警戒しながら彼のことを応援していた。

これまでに見たこともないほど高いハードルだったよね。そこに真正面から突っ込んでいくなんて、実に面白いプロセスだった。現実離れしたものと直面したし、理想的なシチュエーションではなかったけど、人生ってそういうものだから。たまにはパンチのあることをやらないとさ。

Cody Rhodes reveals the scars of battle: Hell in a Cell 2022 (WWE Network Exclusive)

SESCOOPS

あわせて読みたい

【AEW】ケニー・オメガが復帰間近?彼の復帰に合わせて様々なプランが変更されたと報じられる
2021年11月から長期欠場に入っているケニー・オメガ。 満身創痍の状態で活動を続けてきた彼は、スポーツヘルニアや極度のめまい、膝の負傷などを抱えています。欠場に入った当初は2022年春にも復帰できると見込まれていましたが、実...
【WWE】リドルがセス・ロリンズとの長引くガチ不仲を語る。「仕事はできるが、友達じゃない」セスも「あいつのことはずっと嫌いだ」
レスラー同士の友情は美しく、いつの時代も「良きもの」としてポジティブに見られてきました。 その一方で、レスラー同士の不仲は必要以上に話題にされることも多く、不穏な抗争の火種になることもしばしば。ファンはレスラーたちの実生活を断...

ランキング参加中。

人気ブログランキング

にほんブログ村

タイトルとURLをコピーしました