スポンサーリンク

【WWE】ナイア・ジャックスがビンス・マクマホンとの関係を語る。「ビンスのために働くのが私の役割」

インタビュー

ビンス・マクマホンをめぐるスキャンダルは今後も報道が続くとされ、その影響はますます拡大していくことが予想されています。

性的非行や不倫に関するスキャンダルのため、この件に対する業界関係者の意見は人それぞれ。クリス・ジェリコとマリア・ケネリス=ベネットは真逆の意見を表明しています。

【WWE】クリス・ジェリコがビンス・マクマホンのスキャンダルにコメント。「ハーヴェイ・ワインスタインとは違う」
WWEを揺るがしているビンス・マクマホンのスキャンダル。 不倫や性的非行が暴露されることを防ぐため、16年間で4人の女性たちに対して総額1200万ドルの口止め料を支払っていたことをウォール・ストリート・ジャーナルが報じ...
マリア・ケネリス=ベネットがWWEの現体制を批判。「変わるまではWWEに戻らない」
ビンス・マクマホンによるスキャンダルが業界を騒然とさせた2022年初夏。 ウォール・ストリート・ジャーナルが次々と報じたビンスの性的非行 & 不倫隠蔽工作は、業界内にはその事実を知っている人もいたかもしれませんが、業界...

ザ・ロックのいとこにあたる元女性スーパースターのナイア・ジャックスは、Podcast番組「The Wives of Wrestling Podcast」にゲスト出演した際、ビンスとの関係について語りました。

私は自分のことを「ビンス・ガール」と呼んでる。彼が私を使いたいと思う試合、戦わせたいと思う相手、どんな奇妙なギミックだって、彼が望むのであれば「なんだってやるよ」って感じ。それが私の仕事だからね。

私とビンスは常に良い関係だった。おしゃべりをし、笑いあい、ジョークを言い……。だから、彼のとろこに行って、「あなたが私についてあれこれ考えてくれたことにとても感謝してるんだ」って伝えに行ったりしてさ。彼は「もちろん!もちろんだよ!俺は君がやっつけられる姿を見たいんだ」と言ってた。冗談交じりでね。本当に大きなチャンスだった。ああいう立場に立たないと、すぐに忘れ去られてしまうから。メインロースターに昇格して、試合をすることはできるけど、シリアスで超クールなストーリーラインや試合に関与できないと忘れられちゃう。本当にクールな経験だったし、本当に誇らしいよ。

2021年11月にWWEから解雇されたジャックスは2022年のRoyal Rumbleで行われた女子ロイヤルランブルマッチへの出場オファーがあったとされていますが、彼女はこれを断りました。最後に試合に出場したのは2021年9月。次にリングに上がるのはいつになるのでしょうか?

FULL MATCH – Alexa Bliss vs. Nia Jax – Raw Women's Title Extreme Rules Match: WWE Extreme Rules 2018

Wrestling Inc

あわせて読みたい

【AEW】クリス・ジェリコ「クラウディオ・カスタニョーリ(セザーロ)のスチールケージ上でのジャイアントスイングとかは俺のアイデア」
AEWが年に1回開催する「Blood & Gutsマッチ」。 WWEのWarGamesと同じ形式で開催されるめちゃくちゃな内容の試合で、スチールケージ内に2つのリングを作り、各チームから時間差で1人ずつケージ内に入ると...
【WWE】リドルがセス・ロリンズとの長引くガチ不仲を語る。「仕事はできるが、友達じゃない」セスも「あいつのことはずっと嫌いだ」
レスラー同士の友情は美しく、いつの時代も「良きもの」としてポジティブに見られてきました。 その一方で、レスラー同士の不仲は必要以上に話題にされることも多く、不穏な抗争の火種になることもしばしば。ファンはレスラーたちの実生活を断...

ランキング参加中。

人気ブログランキング

にほんブログ村

タイトルとURLをコピーしました