スポンサーリンク

ジョナサン・グレシャムのAEW / ROHからのリリース要求。その背景に何があったのか?

ニュース

今日、ジョナサン・グレシャムがAEW / ROHとの契約からのリリースを要求しました。

彼は先日開催されたROHのPPV「Death Before Dishonor」でクラウディオ・カスタニョーリ(セザーロ)を相手にROH世界王座の防衛戦を行い、試合に敗れてタイトルを失いました。

ショーの開催前、彼はWrestlePuristsによるインタビューの中でAEW社長 & ROHオーナーのトニー・カーンとのコミュニケーションが不足していることや、それに対して不満を覚えていることを明かしており、何らかの理由でネガティブな感情が爆発したものと思われます。

報道によれば、2人は最近話し合いの席を設け、グレシャムがトニーを罵倒するシーンもあったとされています。Fightfulは、Death Before Dishonorが開催された日の午前4時に2人を含む数名で話し合いが行われ、興奮した様子のグレシャムがブッキングや彼のキャラクターの方向性への不満を明かしたそうです。話し合いの内容は非公開になることで合意していたようですが、外部に声が漏れ聞こえきたとのこと。

グレシャムの不満はトニーとのコミュニケーション不足による部分が多く、QTマーシャルやサンジェイ・ダットといったバックステージで働く人物たちとやり取りする機会はあったものの、結局はトニーと会話できないことへの不満が大きかったとされています。

AEWとの関わりの中で、グレシャムがこれほど怒りを見せたことはこれまでになかったとされており、彼が考える「彼自身」や「キャラクター」に対する情熱、そしてROH全体のビジョンへの情熱が怒りの炎を燃え上がらせた模様。双方のクリエイティブの方向性は意見が合っていませんでした。

もし方向性が一致していれば、コミュニケーションが不足していたとしてもグレシャムが怒りを爆発させることはなかったのかもしれません。やりたいことは違うのに、話し合いの場を設けてくれない。一方的に押し付けられているように感じる。そんなのは嫌だ……といったところでしょうか。

トニーはクリエイティブの自由を認める方針を取るタイプのリーダーですが、意見を交換することができなければ、レスラー側から「やりたいこと」を伝えることはできません。トニーが忙しすぎるのが原因なのか、単純に塩対応しているだけなのか…。

ジム・ロスがビンス・マクマホンとトニー・カーンの共通点を語る。「人生をプロダクトに捧げている」
WWEとAEWの最高責任者として忙しい日々を過ごしているビンス・マクマホンとトニー・カーン。実績は桁違いですが、2人はファンから比較されることも多く、様々な観点で「評価」されています。 WWEを業界最大手の団体に成長させ、ファ...
【新日本プロレス】AEWトニー・カーン社長がロッキー・ロメロに謝罪。「ROHを買収した時はごめん」
AEWのトニー・カーン社長は、団体のプロダクトに関するほぼすべての決定権を持っています。彼が許可しないものは基本的に表に出ることはありません。 AEWはレスラーにクリエイティブの自由を持たせるスタイルの団体なので、レスラーたち...

SHOCKING ANNOUNCEMENT: Tony Khan Agrees to Acquire Ring of Honor | AEW Dynamite, 3/2/22

(Fightful, Cultaholic)

あわせて読みたい

【WWE】ビンス・マクマホン引退後の息子シェイン・マクマホンはどうなっていくのか?
2022年のRoyal Rumbleで男子ロイヤル・ランブル・マッチをプロデュースした後、父ビンスと決裂してWWEを去ったシェイン・マクマホン。 この試合はファンからの評判も悪ければバックステージでのリアクションも最悪で、いい...
【WWE】ステファニー・マクマホンのCEO就任によりポール・ヘイマンが重宝されるかも?
ビンス・マクマホンがWWEの会長 & CEO職から退き、引退する。簡単に書けば1行で説明が済んでしまうこの出来事は、プロレス界最大手の団体に非常に大きな影響を与えます。 ビンスがクリエイティブから去ることで番組の内容は...

ランキング参加中。

人気ブログランキング

にほんブログ村

タイトルとURLをコピーしました