スポンサーリンク

【WWE】ビンスのあとを継いだHHH。テレビ番組の放送局は「エキサイティングな変化」だと考えていると報じられる

ニュース

先週金曜日、ビンス・マクマホンが引退を発表しました。

WWEを世界規模の団体に成長させ、プロレス界で最も強い影響力を持つ男として駆け抜けてきた彼は、WWEにおけるすべての役割から離れ、大株主として団体に関わっていくことになります。

クリエイティブ面においてビンスのあとを継ぐことになったのはHHH。彼はタレント・リレーション部門の責任者にも就任し、これからのWWEを牽引していく存在となります。

【WWE】HHHが今後のクリエイティブにおける全責任を負うことが発表される
時は来た! 今日、WWEはビンス・マクマホンの引退に関連した人事を発表しました。役員会による決議でステファニー・マクマホンとニック・カーン社長が共同CEOに任命されたことに加え、HHHが今後のクリエイティブに関する全責任を負う...

このニュースは非常にポジティブなものだと評価されており、ファンは歓喜しました。また、Fightfulによれば、RAWとSmackDownを放送するテレビ局USA Networkもこれをポジティブだと判断し、「エキサイティングな変化だ」と見ているようです。また、現場の選手たちも喜んでいるとのこと。HHHの舵取りに注目ですね。

ビンス時代のWWEでは、ビンスの他に、ニック・カーン社長、エグゼクティブ・プロデューサーのケビン・ダン、タレント・リレーション部門責任者のジョニー・エース、そしてRAW & SmackDownエグゼクティブ・ディレクターのブルース・プリチャードが特に強い権力を持っているとされていました。

ビンスが去った後、プリチャードがクリエイティブを引き継ぐのではないかという噂が一時的に流れたことがあり、それに対して現場では懸念の声が上がっていたようです。クリエイティブの方向性よりも、ブッキングの責任者でもある彼に対して休暇を申請するのはやりにくい、という不満だったとのこと。

とにかく、HHHがクリエイティブの責任者となったことは、WWEに大きな変化をもたらしそうです。

Triple H’s most exciting returns: WWE Playlist

(Fightful, Cultaholic)

あわせて読みたい

ジョナサン・グレシャムのAEW / ROHからのリリース要求。その背景に何があったのか?
今日、ジョナサン・グレシャムがAEW / ROHとの契約からのリリースを要求しました。 彼は先日開催されたROHのPPV「Death Before Dishonor」でクラウディオ・カスタニョーリ(セザーロ)を相手にROH世界...
【新日本プロレス】AEWトニー・カーン社長がロッキー・ロメロに謝罪。「ROHを買収した時はごめん」
AEWのトニー・カーン社長は、団体のプロダクトに関するほぼすべての決定権を持っています。彼が許可しないものは基本的に表に出ることはありません。 AEWはレスラーにクリエイティブの自由を持たせるスタイルの団体なので、レスラーたち...

ランキング参加中。

人気ブログランキング

にほんブログ村

タイトルとURLをコピーしました