スポンサーリンク

AEW / ROHとの契約解除を要求のジョナサン・グレシャム。現在はどの計画にも組み込まれていないと報じられる

ニュース

ROHのPPV「Death Before Dishonor」でクラウディオ・カスタニョーリ(セザーロ)を相手にROH世界王座の防衛戦を行い、試合に敗れたジョナサン・グレシャム。

彼は試合後にAEW / ROHとの契約解除を要求しました。AEW社長&ROHオーナーのトニー・カーンとの間にコミュニケーションがほとんどなかったこと、団体と彼自身のクリエイティブの方向性で衝突したのがその理由だとされています。

Fightfulによれば、契約解除を要求した後のグレシャムはどの計画にも組み込まれていないとのこと。クラウディオ戦の前にトニーと面会し、罵倒したとされるグレシャムですが、そのことで計画が中止になった…というわけではないようです。

団体関係者は、トニーやクリエイティブに強い不満を持っていたにもかかわらずクラウディオをやりきったグレシャムのプロ意識を高く評価しているとのこと。

また、AEW / ROHとの契約を結ぶ前の彼には他に3つの団体が興味を示していたそうですが、具体的な名前は明かされていません。

業界屈指のテクニシャンの今後はどうなるのでしょうか?

AEWのクリエイティブ・プロセスが明らかに。レスラーたちはどうやってトニー・カーン社長とやり取りするのか?
AEWはレスラーのクリエイティビティを尊重する団体。トニー・カーン社長は現場の意見を採用することが多く、クリエイティブの自由があることをAEWとの契約の大きなメリットだと考えるレスラーは多いようです。 しかし、レスラーたちとト...
【AEW】マルコ・スタントが契約末期の辛い状況を振り返る。「社長にメッセージを送っても返事が来ないんだ」
2019年に設立されたAEWは、初期メンバーたちと3年の複数年契約を結ぶケースがほとんどでした。 そのため、2022年は彼らが揃って契約切れを迎える一年となり、何人かのレスラーがインディシーンに戻ることに。元ジュラシック・エク...

Must See Ending to the ROH World Championship Match! | AEW Battle of the Belts II, 4/16/22

(Fightful, Wrestling Inc)

あわせて読みたい

元NXTロースターのAEWレスラー「もしHHH率いるRAW & SmackDownにいれば、退団することはなかった」
2019年にAEWが設立されてから、WWEの選手がAEWへ移籍するケースは珍しくありません。 特に2020年と2021年のWWEは経費削減のために大規模なリストラを敢行し、多くの選手が契約を解除されてしまいました。現在のAEW...
【AEW】アダム・コール&マラカイ・ブラックの契約期間が2027年まで残っていることが明らかに
2019年に旗揚げしたAEWは、初期メンバーたちと3年契約を結ぶケースがほとんどでした。 2020年以降に入団したレスラーたちの契約年数はバラバラで、これまでに明らかにされていないものも多く、いつ「その時」が訪れるか、ファンに...

ランキング参加中。

人気ブログランキング

にほんブログ村

タイトルとURLをコピーしました