スポンサーリンク

【AEW】アダム・コール&マラカイ・ブラックの契約期間が2027年まで残っていることが明らかに

ニュース

2019年に旗揚げしたAEWは、初期メンバーたちと3年契約を結ぶケースがほとんどでした。

2020年以降に入団したレスラーたちの契約年数はバラバラで、これまでに明らかにされていないものも多く、いつ「その時」が訪れるか、ファンにはわかりません。

ただし、NXTで大活躍したのちAEWへやってきた2人のレスラーは、少なくともあと5年間はAEWロースターとして活動することになります。

Podcast番組「Busted Open Radio」に出演したトニー・カーン社長は、アダム・コールとマラカイ・ブラックとの契約期間について、次のように語っています。

アダム・コールとの契約は2027年まで続くんだ。すぐに彼が他の団体に行くことはないと思ってる。

マラカイ・ブラックもだいたい5年くらい契約が残っているから、すぐに出ていかれることはないはずだ。

2人とも今のAEWに欠かせない存在です。長期的な活躍にも期待できそうですし、今後の2人の活躍に注目ですね。

FULL MATCH: Malakai Black vs Davey Richards (Prestige Wrestling: Roseland 2)

SESCOOPS

あわせて読みたい

【WWE】近年のビンス・マクマホンによるクリエイティブは、無神経な言葉や間違った情報で混乱した会議によって生み出されていた
アメリカの多くの視聴者にとって、プロレスといえはWWEでした。 テレビで放送される大規模なプロレス番組はRAWとSmackDownだけ。団体を率いるビンス・マクマホンのクリエイティブこそプロレス。そこを楽しめるファンもいれば、...
元NXTロースターのAEWレスラー「もしHHH率いるRAW & SmackDownにいれば、退団することはなかった」
2019年にAEWが設立されてから、WWEの選手がAEWへ移籍するケースは珍しくありません。 特に2020年と2021年のWWEは経費削減のために大規模なリストラを敢行し、多くの選手が契約を解除されてしまいました。現在のAEW...

ランキング参加中。

人気ブログランキング

にほんブログ村

タイトルとURLをコピーしました