スポンサーリンク

ビンス・マクマホン引退後のWWEでは番組内の試合時間が増加傾向にある

ニュース

アメリカのプロレス番組は試合以外の要素も盛り沢山です。

レスラーたちのプロモやインタビューはストーリーの構築に欠かせませんし、今後の展開を予想させる短い映像も頻繁に挿入されます。レスラーがリングインしてもすぐに試合が始まるとは限りませんし、試合後の追撃や襲撃もストーリーの盛り上げに一役買っています。

WWEは番組における試合時間が短い傾向にあり、そのことがファンから嫌がられることもありました。ビンス・マクマホンはさまざまな手を打ってストーリーとスターを作り上げていましたが、彼が引退してHHHがクリエイティブの責任者となったことで、番組の内容に確かな変化が見られるようになりました。

Wrestlenomicsのブランドン・サーストンの分析によれば、HHH新体制が発足してからのRAW & SmackDownでは試合時間が増える傾向にあるようです。グラフを見ると、確かに増えています。

例えば、現地8月1日放送のRAWでは1時間あたりの試合時間が26分でした。ビンス体制で放送された7月18日と比べ10分も増加しています。

HHH新体制の変化はあらゆる点に現れていますが、試合時間の増加を喜ぶファンは一定数いるでしょうし、ポジティブなことかもしれませんね。ただ、ビンスのWWEを楽しんでいた層がどう受け止めるかはまだわかりません。長期的な影響を評価するには時間が必要です。

【WWE】クリス・ジェリコ「ビンス・マクマホン引退の悪影響は1年後に出てくる」
HHHがクリエイティブの責任者に就任したWWEには勢いがあります。 HHH体制で初めて行われたPPV「SummerSlam」ではブロック・レスナーがトラクターでリングを破壊したり、ダコタ・カイとイヨ・スカイ(紫雷イオ)が復帰し...
【WWE】HHH新体制のバックステージが希望と誇りに満ちていると報じられる。ビンス・マクマホン時代の不安定な感覚は消えた
ビンス・マクマホンはWWEを大成功に導いた偉大なリーダーですが、団体運営の方法には批判もありました。 彼は頻繁にクリエイティブの決定を覆したため、バックステージに安定はありませんでした。番組本番直前に台本が書き換えられれば選手...

あわせて読みたい

インディ団体オーナーが「ノー・ウェイ・ホセに金を盗まれた」と主張し、ホセが返金
2020年にWWEから解雇されたノー・ウェイ・ホセ。 メインロースターとしては活躍の機会が与えられなかった彼は、インディシーンに戻ってからこれまでに14試合に出場。インパクト・レスリングを拠点としていた時期もありますが、頻繁に...
【WWE】エッジが2023年での現役引退を示唆。「来年、ここでお互いにさよならをしよう」
首の怪我を原因に2011年に現役を引退したエッジ。彼が再びWWEとしてリングに上がるまでに9年もの月日を要しました。 2020年のRoyal Rumbleでサプライズ復帰した彼は、長いブランクを感じさせない活躍を披露し続けてい...

ランキング参加中。

人気ブログランキング

にほんブログ村

タイトルとURLをコピーしました