スポンサーリンク

【WWE】セオリーが「オースチン・セオリー」のリングネームを取り戻せるかも?

ニュース

ビンス・マクマホンがWWEの最高責任者を務めていた頃、団体は「選手の本名、あるいはインディ時代に名乗っていたリングネーム」の使用を基本的に禁止していました。

例外はいるものの、本当に例外。多くの選手がWWE入団あるいはメインロースター昇格のタイミングでリングネームを変更しました。

メインロースターとして一定期間活動してから名前が変わることもあり、セオリーはこのケースです。ビンスと非常に近しいキャラクターで活動していた彼は、2022年4月に本来のリングネーム「オースチン・セオリー」から「セオリー」にリングネームを変更しました。

ビンスが引退し、HHHがクリエイティブの責任者に就任したことで、団体に多くの変化が訪れました。リングネームについての規約もそう。上記の命令は廃止されたとされています。

PWInsiderによれば、セオリーは今週末に開催されるライブイベントへ向けて「オースチン・セオリー」として宣伝されているそうです。これが何らかの手違いではないとすれば、もしかしたら、彼は本来のリングネームを取り戻すかもしれません。

リングネームの変更は視聴者やファンに与える印象の変化に繋がる影響の大きな出来事です。これからは上記のようなケースでのリングネームの変更は少なくなるでしょうし、以前変更した名前を取り戻す選手が他にも出てくる可能性は高そうです。

Dolph Ziggler vs. Theory: Raw, Aug. 15, 2022

PWInsider

あわせて読みたい

【AEW】ジョン・モクスリーがBlackpool Combat Clubの「ワースト・ガイ」であることを語る。「素晴らしい状況だ」
AEWの人気ユニットBlackpool Combat Club。 ウィリアム・リーガル卿がメンターを務め、ブライアン・ダニエルソン、ジョン・モクスリー、クラウディオ・カスタニョーリ(セザーロ)、そしてウィーラー・ユウタという素...
【AEW】ボビー・フィッシュがいわるゆ腿ペチに苦言。「プロレスの試合を見る時、ファンは音に反応するよう仕向けられている」
プロレスにおいて、音は非常に重要な要素の1つです。 会場で試合を生観戦すると、とにかく音の迫力に驚かされます。レスラーがリングに叩きつけられる時に鳴る大きな音は、彼らの体に起きているダメージの大きさを容易に想像させます。また、...

ランキング参加中。

人気ブログランキング

にほんブログ村

タイトルとURLをコピーしました