スポンサーリンク

【WWE】セオリーがリングネーム「オースチン・セオリー」を取り戻す

未分類

ビンス・マクマホンは選手たちのリングネームにポリシーを持っていました。

本名や、インディ時代に使っていたリングネームをメインロースター昇格後にも使用することは、例外を覗いてありません。選手たちはリングネームを変更されることがほとんどで、まったく違う名前になったり、ファミリーネームだけのリングネームになったり。人それぞれですが、ファンは慣れ親しんだリングネームを呼ぶことができなくなってしまいます。

しかし、ビンスが引退し、HHHがクリエイティブの責任者に就任したことで、このポリシーが撤廃されたと報じられています。以前、セオリーがかつてのリングネームを取り戻すかもしれないと報じられましたが、それが実現しました。

PPV「Clash at the Castle」のプレショーに登場したセオリーは、2022年3月まで名乗っていたリングネーム「オースチン・セオリー」としてアナウンスされたのです。

今後もかつてのリングネームを取り戻す選手が増えるかもしれません。ただ、彼と異なり、まったく異なるリングネームに変更されたギュンター(ウォルター)やブッチ(ピート・ダン)にとっては難しいプロセスかもしれませんね。

あわせて読みたい

【WWE】HHHがビンス・マクマホンから受けた「WWEを率いる上で大事なこと」のアドバイスを語る
2022年7月、WWEからビンス・マクマホンが引退しました。 WWEを世界規模の団体に成長させた、プロレス界最大の偉人。彼のアイデアや決断が業界に与える影響は計り知れませんでした。 引退した彼の代わりにWWEのクリエイテ...
【AEW】相次ぐレスラー間の不仲疑惑にトニー・カーン社長がコメント。「プロレスでは、全員と友だちになる必要はない」
最近のAEWにはネガティブな話題が多い印象ですが、特にCMパンクを巡るいくつかの報道とサンダー・ロサのバックステージ・ヒートは心配です。 5月のPPV「Double or Nothing」へ向けたハングマン・ペイジとのストーリ...

ランキング参加中。

人気ブログランキング

にほんブログ村

タイトルとURLをコピーしました