スポンサーリンク

【AEW】CMパンクらによる大喧嘩の第三者調査にMJFも参加していると報じられる

ニュース

PPV「ALL OUT」終了後に起きた大喧嘩は、法的な問題に発展する可能性を孕む非常に重要なアクシデントでした。

AEW副社長(ヤング・バックス & ケニー・オメガ)への不満が溜まっていたCMパンクは、ショー終了後の記者会見で3人を激しく批判。また、元親友のコルト・カバナにも言及し、手厳しく批判していました。

会見終了後、バックス&ケニーがパンクのロッカールームを訪れ、パンクはマット・ジャクソンにいきなりパンチをかまして大乱闘に発展。パンクの友人エース・スティールを含めた5人が喧嘩に関与しました。詳細は下の記事で。

【AEW】CMパンクとヤング・バックスの大喧嘩にケニー・オメガはどのように関与したのか?
PPV「ALL OUT」はAEWの歴史に汚点を残すことになりました。 ジョン・モクスリーを下してAEW世界王座を戴冠したCMパンク、そしてAEW世界トリオ王座の初代チャンピオンになったケニー・オメガ&ヤング・バックス組は、ショ...

この時、ロッカールームには何人もの関係者がいました。そのうち、ブランドン・カトラー、パット・バック、中澤マイケル、クリストファー・ダニエルズは喧嘩した5人と一緒に出場停止処分が下されています。

一方で、まったく中立の立場を取り、処分を下されなかった目撃者たちも複数名います。団体副社長のメガ・パーリクもその1人ですが、レスリング・オブザーバーのデイブ・メルツァーによれば、部屋にはMJFもおり、喧嘩についての第三者調査に彼も参加しているというのです。調査は目撃者へのインタビューをもとに進められるため、パーリクやMJFの証言は処分を下された人たちの今後を大きく左右することになります。

パンクが出場停止処分にならなければ、MJFはパンクと2度目の抗争に突入する予定でした。彼はどのような証言をするのでしょうか?

【AEW】団体関係者たちはCMパンクの復帰を望んでいないと報じられる
バックステージでの大喧嘩の要因を作り、マット・ジャクソンにサッカー・パンチをお見舞いしたCMパンク。 PPV「ALL OUT」でのジョン・モクスリー戦で上腕三頭筋を負傷し長期欠場が予想されている状況で、副社長たちとケンカし、元...
AEWがCMパンク騒動に関連したタレントミーティングを開催。団体としての決意を表明
PPV「ALL OUT」のバックステージでで起きた大喧嘩は団体の方針に大きな影響を与えました。 喧嘩の原因を作って大暴れしたCMパンク、そして彼(と友人のエース・スティール)から暴行を受けたヤング・バックスとケニー・オメガは出...
【AEW】CMパンクらによる大喧嘩。その場にいたメンバーは第三者による調査が続く限り出場停止に?
PPV「ALL OUT」終了後に起きたCMパンク&エース・スティール組と副社長たち(ヤング・バックス&ケニー・オメガ)の大喧嘩。 取っ組み合いの当事者たち以や、現場にいた関係者たち(中澤マイケルら)には出場停止処分が課されまし...

MJF Returns & Proves Why He is the Salt of the Earth | AEW Dynamite, 9/7/22

(Wrestling Observer, Cultaholic)

あわせて読みたい

ボビー・フィッシュのAEW退団の理由が報じられる。双方が契約延長に興味を持っていたが…
2022年8月末でAEWから退団することになったボビー・フィッシュ。 2021年にWWEを退団し、AEWへ入団した後はコンスタントに出番があったものの、The Undisputed Eliteの仲間だったアダム・コールとカイル...
ベルベティーン・ドリームが逮捕された理由は「ジム従業員へのパンチ&噛みつき、そして脅迫」
WWE復帰を目指しているベルベティーン・ドリームは、2022年8月下旬に2度逮捕されました。 1度目は暴行と警告後の不法侵入、2度目は麻薬関連器具の所持。大舞台へ戻るためには必要のない「傷」がついてしまいました。 ...

ランキング参加中。

人気ブログランキング

にほんブログ村

タイトルとURLをコピーしました