スポンサーリンク

【AEW】CMパンクは大喧嘩をしたかどうかに関わらずAEW世界王座を返上せざるを得ない状況だった?

ニュース

PPV「ALL OUT」でジョン・モクスリーに勝利し、AEW世界王座を取り戻したCMパンク。

5月のPPV「Double or Nothing」でハングマン・ペイジから同王座を奪取した彼は、直後のDynamiteでの試合中に足を負傷し、長期欠場に入りました。タイトルを返上することはなく、暫定王座が設けられてモクスリーがタイトルを獲得。その後、ALL OUTの2週間前に放送されたDynamiteでモクスリーとパンクの試合が行われ、モクスリーが勝利して真のチャンピオンとなりました。しかし、ALL OUTでの再戦はパンクが勝利。そして大喧嘩へ……という流れです。

AEWがCMパンク騒動に関連したタレントミーティングを開催。団体としての決意を表明
PPV「ALL OUT」のバックステージでで起きた大喧嘩は団体の方針に大きな影響を与えました。 喧嘩の原因を作って大暴れしたCMパンク、そして彼(と友人のエース・スティール)から暴行を受けたヤング・バックスとケニー・オメガは出...
【AEW】CMパンクらによる大喧嘩。その場にいたメンバーは第三者による調査が続く限り出場停止に?
PPV「ALL OUT」終了後に起きたCMパンク&エース・スティール組と副社長たち(ヤング・バックス&ケニー・オメガ)の大喧嘩。 取っ組み合いの当事者たち以や、現場にいた関係者たち(中澤マイケルら)には出場停止処分が課されまし...
【AEW】団体関係者たちはCMパンクの復帰を望んでいないと報じられる
バックステージでの大喧嘩の要因を作り、マット・ジャクソンにサッカー・パンチをお見舞いしたCMパンク。 PPV「ALL OUT」でのジョン・モクスリー戦で上腕三頭筋を負傷し長期欠場が予想されている状況で、副社長たちとケンカし、元...

しかし、パンクはモクスリーとの試合中に上腕三頭筋を負傷したとされており、またしても手術が必要な状態です。喧嘩を起こしたことで出場停止処分が下された彼ですが、喧嘩をしていたかどうかに関わらず、タイトルを返上しなければならない状態だったようです。

レスリング・オブザーバーのデイブ・メルツァーによれば、負傷は上腕三頭筋の断裂で、手術を受けると最低でも6ヶ月、通常であれば8〜9ヶ月のリハビリが必要となるとのこと。つまり、最初からタイトルランは不可能だったのです。

1度目も2度目も怪我で超短期の統治となりました。2021年8月にパンクがAEWへ入団した時はファンからの期待値はものすごく高かったものの、今となっては……という感じでしょうか。ただ、時代を築き上げた男なのは間違いないですし、ここからの復活にも期待したいです。

CM PUNK SHOOTS ON COLT CABANA, ADAM PAGE, AEW EVPS & MORE— AEW ALL OUT 2022 MEDIA SCRUM

(Wrestling Observer, WRESTLING INC)

あわせて読みたい

【AEW】CMパンク狂想曲がジョン・モクスリーのプランに与える影響とは?
CMパンクwithエース・スティールとAEW副社長(ヤング・バックス&ケニー・オメガ)による大喧嘩。 舞台となったパンクのロッカールームに居合わせた関係者もろとも出場停止処分が下るという最悪の形で団体のクリエイティブ・プランに...
ボビー・フィッシュのAEW退団の理由が報じられる。双方が契約延長に興味を持っていたが…
2022年8月末でAEWから退団することになったボビー・フィッシュ。 2021年にWWEを退団し、AEWへ入団した後はコンスタントに出番があったものの、The Undisputed Eliteの仲間だったアダム・コールとカイル...

ランキング参加中。

人気ブログランキング

にほんブログ村

タイトルとURLをコピーしました