スポンサーリンク

【AEW】ヤング・バックスがWWEへの移籍について探りを入れたと報じられる

ニュース

CMパンクと大げんかし、出場停止処分が下されたヤング・バックス。

マット・ジャクソンとニック・ジャクソンはAEW旗揚げの中心人物で、団体の副社長も務めています。AEWに欠かせない存在ですが、同様の立場だったコーディ・ローデスは2022年4月にWWEへ復帰しました。AEWと強く結びついたレスラーがWWEへ移籍することはあり得ないことではないのです。

レスリング・オブザーバーのライアン・フレデリックによれば、彼らの契約は団体設立時に結ばれた契約を延長したものです。ただし、いずれ契約が終了する時に彼らとの契約に興味を示しそうな団体に対して探りを入れたとのこと。つまり、WWEです。団体スタッフと直接話をしたかどうかは定かではありませんが、少なくとも選手とは話をしたそうです。

とはいえ、選手たちがこうした話をするのはよくあることで、バックスのWWE移籍の可能性が他と比べて高いというわけではありません。彼らもコーディのようにWWEへ移籍する可能性がある、というだけです。

“All Out 2022” – Being The Elite Ep. 322

(Wrestling Observer)

あわせて読みたい

【AEW】CMパンクらによる大喧嘩の第三者調査にMJFも参加していると報じられる
PPV「ALL OUT」終了後に起きた大喧嘩は、法的な問題に発展する可能性を孕む非常に重要なアクシデントでした。 AEW副社長(ヤング・バックス & ケニー・オメガ)への不満が溜まっていたCMパンクは、ショー終了後の記...
【AEW】ボビー・フィッシュがCMパンクを批判。「あいつのMMAはファンを侮辱してる。技もKENTAのだろ?」
武闘派スタイルで活躍しているボビー・フィッシュ。 高い技術力に裏打ちされた彼のスタイルはどの団体でも重宝されます。さまざまな団体で活躍してきた彼にとって、技術力でファンを納得させるのはとても大事なことです。 …と...

ランキング参加中。

人気ブログランキング

にほんブログ村

タイトルとURLをコピーしました