スポンサーリンク

【AEW】クリス・ジェリコが「若い団体の成長痛」を語る。「1つや2つは間違いもある」

ニュース

団体運営は簡単ではありません。

ロースターをどのようにマネジメントし、テレビ局などのパートナーの期待に応えるのか。勢いがあるように見えても、その裏で問題点を抱えながら前進せざるを得ないこともあるでしょう。

ここ最近、AEWにはネガティブな話題が目立ちます。CMパンクをめぐる諸問題は世界中のファンから注目を集め、団体運営の方針に疑問符をつけるファンも。

【AEW】CMパンク狂想曲がジョン・モクスリーのプランに与える影響とは?
CMパンクwithエース・スティールとAEW副社長(ヤング・バックス&ケニー・オメガ)による大喧嘩。 舞台となったパンクのロッカールームに居合わせた関係者もろとも出場停止処分が下るという最悪の形で団体のクリエイティブ・プランに...

重鎮クリス・ジェリコは、若い団体運営するにあたって成長痛は避けられないと考えています。

我々はAEWを3年間やってきた。成長を続けているよ。これは大企業のビジネスだ。大規模なテレビ局が我々に大金を支払って番組を制作しているわけでね。

9つは正しいことをやっているかもしれないが、1つか2つは間違っているかもしれない。団体運営に成長痛はつきものだ。[…]間違いから学び、ブランドを構築し、改善を続けていく。

WWEにはたくさんのファンがいるけど、あそこは50年近くやってるところだからね。俺たちにもあと47年くらいの時間をくれよ。WWEと同じくらい続けられるってことを証明してやる。

(SEECOOPS)

あわせて読みたい

【AEW】ヤング・バックスがWWEへの移籍について探りを入れたと報じられる
CMパンクと大げんかし、出場停止処分が下されたヤング・バックス。 マット・ジャクソンとニック・ジャクソンはAEW旗揚げの中心人物で、団体の副社長も務めています。AEWに欠かせない存在ですが、同様の立場だったコーディ・ローデスは...
【AEW】ボビー・フィッシュがCMパンクを批判。「あいつのMMAはファンを侮辱してる。技もKENTAのだろ?」
武闘派スタイルで活躍しているボビー・フィッシュ。 高い技術力に裏打ちされた彼のスタイルはどの団体でも重宝されます。さまざまな団体で活躍してきた彼にとって、技術力でファンを納得させるのはとても大事なことです。 …と...

ランキング参加中。

人気ブログランキング

にほんブログ村

タイトルとURLをコピーしました