スポンサーリンク

【AEW】トニー・カーン社長がWWEニック・カーンCEOと間違われたことに反論。「全然違うよ」

ニュース

WWEとAEWのトップは同じファミリーネームですが、全くの別人です。

2019年にWWEの社長に就任したニック・カーンは、2020年の新型コロナウイルス・パンデミック対策として大胆なコストカットを敢行し、多くの選手やスタッフが職を失いました。ファンからの印象はあまり良くありませんが、2022年にビンス・マクマホンが引退すると、ステファニー・マクマホンと共同CEOに就任。今後もWWEの権力者として業界に影響を与えることになります。

そして、AEWの社長はトニー・カーン。プヲタの青年(超大金持ち)で、団体運営を通してプロレスへの愛を示し続けていますが、それが故にさまざまな問題を抱えることもあります。ファンからの評判は良い方ですが、誰からも愛されているわけではありません。

2人のカーンが重要人物として君臨する現在のプロレス界。2人のことを混同してしまう人も少なくありませんが、トニーはニックのことを「コネチカットの詐欺師」と挑発したこともあります。ニックと勘違いされるのは勘弁…という思いもあるでしょう。

先日、とあるスポーツメディア関係者がトニーへの怒りをツイッターでぶちまけた後、「怒りたいのはカーン違いの別人だった」と訂正する出来事がありました。その中で、彼は「トニーはみんなが好きな方。ニックは嘘つき野郎」とニックを激しく非難。ニックに取材をキャンセルされた過去があるようで、かなり怒っています。

これを受け、トニーは「これ以上ないくらい違う2人だよ」とツイート。迷惑そうです。間違ってしまうのも無理はありませんが…。

SHOCKING ANNOUNCEMENT: Tony Khan Agrees to Acquire Ring of Honor | AEW Dynamite, 3/2/22

あわせて読みたい

【AEW】アンドラーデのキャリアを左右する試合がRampageで組まれる。仲間も「ありがとう」
現地10月7日に放送されるDynamiteで、アンドラーデとDark Order “10”の試合が組まれました。 この試合はキャリアVSマスクマッチとなります。Dark Orderのリーダーだったブロディ・リーのラストマッチか...
【新日本プロレス】AEWがジュース・ロビンソンの継続起用に強い興味を示していると報じられる
業務提携中の新日本プロレスとAEW。 新日本からレスラーがAEWの番組に参戦するのは決して珍しいことではなくなりましたし、AEWから新日本の海外大会に参戦するレスラーもいます。関係は良好です。 先日はジュース・ロビンソン...

ランキング参加中。

人気ブログランキング

にほんブログ村

タイトルとURLをコピーしました