スポンサーリンク

【AAA】ラレド・キッドが試合後に病院へ搬送され、緊急手術を受けたことが明らかに

ニュース

インパクト・レスリング&AAA所属のルチャドール、ラレド・キッド。

地元メキシコの大手団体AAAやAEWへの参戦でも知られており、2007年にはプロレスリング・ノアにも参戦しました。ファンからの評価は高く、トップルチャドールの1人だとみなされています。

そんな彼は、今週、試合後に病院へ搬送され、緊急手術を受けることになりました。キッドのInstagramアカウントはこの件について声明を発表。手術や怪我、病気などの詳細は明かされていませんが、家族や親しい友人たちには状況が伝えられているそうです。

また、AAAによる声明によれば、彼は腹痛に苦しんでおり、現地10月23日の試合後に激しい腹痛を訴えて病院で緊急手術を受けることになったとのこと。手術は回復し、術後良好のようです。

腹痛の原因は明らかではありませんが、重症ではないことを祈るばかりです。

LAREDO KID vs SAMMY GUEVARA | LUCHA COMPLETA | Lucha Libre AAA Worldwide

SESCOOPS

あわせて読みたい

AEW退団濃厚のCMパンク。WWE・HHHは獲得に興味なし?
AEWに居場所がなくなってしまったCMパンク。 21世紀のプロレス界を代表するカルトスターは、WWEよりも活動しやすい環境が整っていたであろうAEWでも不満を募らせ、副社長たち(ヤング・バックス&ケニー・オメガ)とフィジカルな...
【AEW】ケニー・オメガら副社長不在によるリーダーシップの欠如はジョン・モクスリーやブライアン・ダニエルソンがしっかり埋めている
新日本プロレスやROHで活動していたコーディ・ローデス、ヤング・バックス、そしてケニー・オメガが中心となって設立されたAEW。 彼らは副社長に就任し、レスラーとして、そしてオフィスの一員としてリーダーシップを発揮してきました。...

ランキング参加中。

人気ブログランキング

にほんブログ村

タイトルとURLをコピーしました