スポンサーリンク

【AEW】ブライアン・ピルマン・ジュニアがプロレスデビュー前のスティーブ・オースチンとのやり取りを語る。「お前の親父が望んでいるのは・・・」

インタビュー

WCWで獣神サンダー・ライガーらと争っていたブライアン・ピルマン。

WWF移籍後の1997年、彼は鎮痛剤や薬物の過剰摂取が原因と見られる心臓発作が原因で、35歳で命を落とします。彼には6人の子供がおり、そのうちの1人であるザッカリーはその時4歳でした。

成長したザッカリーは父と同じ職業、つまりプロレスラーになることを決意。「ブライアン・ピルマン・ジュニア」のリングネームで活動し、現在はAEWのロースターとしてスターを目指して努力を積み重ねています。

いわゆる2世レスラーの彼は、プロレスラーとしてデビューする前に、父とタッグチームを結成していたレジェンドレスラー、ストーン・コールド・スティーブ・オースチンとやり取りをしていたそうです。Podcast番組「Busted Open Radio」にゲスト出演したジュニアは、その時のことを振り返りました。

(大学生の頃)俺は小さなキャンパスの建物の外でスティーブ・オースチンと45分くらい立ち話をしたんだ。クソみたいなことを教えてもらったりしてさ。それで、彼に伝えたんだよ。「なあスティーブ、俺はこの大学を卒業した後、クソみたいな仕事を始めようとしてるんだ。俺はプロレスというビジネスでやっていけるだろうか?」って。

彼は、「お前に知っておいてほしいのは、お前の親父は『お前が幸せになれることなら何でもやってほしい』と思っているだろう、ということだ。プロレスは一筋縄ではいかない。ただやるだけじゃダメだぞ」って言ってくれた。

Brian Pillman Jr. and an Unlikely Ally Bring the Hometown Crowd to its Feet | AEW Rampage, 9/10/21

Wrestling Inc

あわせて読みたい

【新日本プロレス】柴田勝頼が再びAEWへ登場!オレンジ・キャシデイとのタイトルマッチ出場へ
5月に開催されたAEWと新日本プロレスの合同興行「Forbidden Door」にサプライズ登場した柴田勝頼。 彼はウィル・オスプレイとのシングルマッチに敗れたオレンジ・キャシディを救出する形で登場し、キャシディとの間に友好的...
ジェフ・ジャレットがAEW入団。TNA創設者、元WWE幹部
21世紀のプロレス界において、ジェフ・ジャレットの存在は欠かせません。 TNAの創設者としてインディシーンを牽引し、WWEではビンス・マクマホンのもとで団体幹部として働いていた時期もあります。経験豊富な彼はあらゆる役割でプロレ...

ランキング参加中。

人気ブログランキング

にほんブログ村

タイトルとURLをコピーしました