スポンサーリンク

ザイヤ・ブルックサイドがWWEでの4年間の活動や解雇について語る。「努力すれば戻れる」

インタビュー

新日本プロレスや全日本プロレスへの参戦経験があるプロレスラー、ロビー・ブルックサイドの娘で、日本ではSTARDOMへの参戦で知られるザイヤ・ブルックサイド。

現在24歳の彼女は、19歳だった2018年にWWEと契約。NXT UKのロースターとして活躍していましたが、2022年8月に解雇されてしまいました。NXT UKは休止となり、WWEは活動範囲をヨーロッパに広げたブランド「NXTヨーロッパ」を2023年から始動することを目指しています。それに先駆けての人員整理の対象となり、プロスペクトとして期待されていた彼女は契約を失ったのです。

WWEから解雇された後、彼女はイギリスのインディ団体All Star Wrestlingで2試合に出場していますが、有力団体との契約の噂は聞こえてきていません。Podcast番組「Busted Open Radio」にゲスト出演した彼女は、WWEでの活動と解雇について振り返りました。

4年間WWEにいたんだよね。19歳の時に契約して、それからいろんな変化を経験した。4年前のインディシーンと今の状況を比較すると、ぜんぜん違うよ。女性レスラーも前より増えたし、そういう環境に戻ってまた新しいことに挑戦できるのが楽しみ。大きなことをやる予定もあるけど、まだ言えないんだ。

今、私にはとても多くの扉が開いているように感じている。制限されるようなことはないしね。WWEへの扉がまだ開いていることも、心の奥底では理解しているんだ。来週とか、すぐには実現しないかもしれないけど、十分に努力すれば、いつか復帰できると思う。

スター性を持っている彼女ですから、再びインディシーンで実力をつけてインパクトを残せば、大きな契約を勝ち取ることもできるでしょう。今後が楽しみです。

Io Shirai vs. Xia Brookside – First-Round Match: Mae Young Classic, Sept. 26, 2018

(Wrestling Inc)

あわせて読みたい

【新日本プロレス】柴田勝頼が再びAEWへ登場!オレンジ・キャシデイとのタイトルマッチ出場へ
5月に開催されたAEWと新日本プロレスの合同興行「Forbidden Door」にサプライズ登場した柴田勝頼。 彼はウィル・オスプレイとのシングルマッチに敗れたオレンジ・キャシディを救出する形で登場し、キャシディとの間に友好的...
【WWE】ビンス・マクマホンの疑惑に関する役員会主導の調査が終了。彼がかつての役割に戻ることはない
2022年7月に引退し、WWEの現場から去ったビンス・マクマホン。 引退の引き金になったのは、6月から7月にかけてウォール・ストリート・ジャーナルが報じたいくつかの疑惑です。元女性従業員との不倫関係の口止め料を支払ったというス...

ランキング参加中。

人気ブログランキング

にほんブログ村

タイトルとURLをコピーしました