スポンサーリンク

【AEW】マット・ハーディーがCMパンクらの大喧嘩の目撃者だったことを明かす。「ケニー・オメガとヤング・バックスは被害者だ」

インタビュー

9月のPPV「ALL OUT」終了後にCMパンクとAEW副社長たち(ヤング・バックス & ケニー・オメガ)が大喧嘩を起こしたことで、団体のクリエイティブに大きな影響が及びました。

当事者たちには出場停止処分が課され、第三者による調査が終了するまで復帰できない状態に(現在は調査が終了したとされている)。パンクとケニーたちはタイトルホルダーでしたが、保持していたタイトルを返上することになり、このせいでジョン・モクスリーは6週間の休暇をキャンセルすることになりました。パンクは退団が有力視されており、ケニーたちはまもなく復帰するとされています。

ベテランレスラーのマット・ハーディーは、この大喧嘩の目撃者だったことを自身のPodcast番組で明かしました。その上で、ケニーたちは「被害者」だった、と主張しています。

(ケニーたちの復帰が近づいていることについて)戻ってくるのはとても嬉しいね。言っておくけど、彼らはあの状況の中で何も悪いことをしていないんだ。被害者だと思うよ。俺はあくまで個人としての見解を話しているからね。俺はそこにいた。すべてを目撃したんだ。俺は3人のことを愛しているよ。バックスとは昔からの付き合いだしね。ケニーとはAEWに来てからの関係だけど。

(Podcast収録前日にバックスと話をした、という話題の中で)お前らは「AEWの心臓であり、魂である」と伝えたよ。マット、ニック、そしてケニーによるThe Eliteは、いろんな意味でAEWのアイデンティティだと思っているんだ。3人がいなければAEWは存在しなかったわけで、現在のプロレス界はなかったと言ってもいいだろう。トニー・カーン(AEW社長)は今とは違う形でプロレスのビジネスをしていたかもしれない。AEW、All Elite Wrestlingは、彼らが中心の団体なんだ。だから、彼らが戻ってくるのは本当に重要なことなんだよ。

“All Out 2022” – Being The Elite Ep. 322

SESCOOPS

あわせて読みたい

【WWE】アーン・アンダーソンが「プロデューサーの仕事が嫌だった」理由とは?
WWEには多くのプロデューサーが在籍しており、彼らが試合を作っています。 PPVのビッグマッチを任されるようなプロデューサーは評価が高く、団体のクリエイティブには欠かせない存在だと言えます。彼らは団体間を行き来することもあり、...
【AEW】トニー・カーン社長が柴田勝頼参戦の裏側を語る。「AEW、新日本プロレス、そして柴田が興味を持っていた」
Rampage最新回でオレンジ・キャシディの持つAEWオールアトランティック王座に挑戦した柴田勝頼。 約5年ぶりのタイトル挑戦となった彼は、やはり柴田らしい試合を見せてくれました。頭部への攻撃を受ける姿も見せ…ファンはヒヤヒヤ...

ランキング参加中。

人気ブログランキング

にほんブログ村

タイトルとURLをコピーしました