スポンサーリンク

AEWロースターがCMパンク騒動にコメント。「こんなことにならなければよかったのに」

ニュース

CMパンク騒動はAEWに大きな影響を与えました。

PPV「ALL OUT」終了後に彼と副社長たち(ヤング・バックス&ケニー・オメガ)が起こした喧嘩により、彼らには出場停止処分が課されました。

保持していたタイトルは剥奪され、ジョン・モクスリーの6週間のバカンスは中止に。パンクは退団が有力視されています。復帰した副社長たちは、Dynamiteの最新回でパンクを揶揄するムーブを繰り出しました。

【AEW】ヤング・バックス&ケニー・オメガによるCMパンク揶揄にパンクは不満
今日放送されたDynamiteで行われた6人タッグマッチが話題になっています。 The Elite(ケニー・オメガ&ヤング・バックス)とDeath Triangle(PAC&ペンタ・エル・セロ・ミエド&レイ・フェニックス)によ...

ロースターの一員であるショーン・スピアーズは、参加したバーチャルサイン会でパンク騒動について質問され、考えを述べました。

悲しいよ。とにかく悲しい。そう思ってる。悲しいことだ。あんなことが起きなければよかったのに。あと、俺は(喧嘩が起きた)現場にいなかったんだ。ほとんどのことは公の場で起きるけど、そこにいなかったから、起きたことについて直接は知らない。

騒動が起こる前からパンクはバックステージでヒートを買っていたそうですが、パンクへの感情はどうあれ、起きてしまったこととその後の展開を残念に思うロースターは多いのでしょう。

Was CM Punk Able to Keep Undefeated Streak Alive Against Matt Sydal? | AEW Rampage, 10/15/21

(eWrestlingNews)

あわせて読みたい

【AEW】ケニー・オメガがCMパンク騒動に言及。「話せることはない。CMパンクとヤング・バックス&ケニーの戦いではない」
PPV「Full Gear」でようやく復帰したケニー・オメガとヤング・バックス。 彼らは、9月のPPV「ALL OUT」終了後にCMパンクと大喧嘩し、出場停止処分を受けていました。3人は復帰したものの、パンクは退団が有力視され...
【新日本プロレス】ケニー・オメガが久々の参戦への意気込みを語る。「AEWの、プロレスのアンバサダーとして帰る」
2023年のレッスルキングダムでは、プロレスファンが待ち望んでいたドリームマッチが実現します。 2010年台後半の新日本プロレスにおいて海外戦略を牽引し、幾つもの名勝負を作り上げたケニー、オメガ。そして、ケニーが2019年に新...

ランキング参加中。

人気ブログランキング

にほんブログ村

タイトルとURLをコピーしました