スポンサーリンク

【新日本プロレス】ケニー・オメガが久々の参戦への意気込みを語る。「AEWの、プロレスのアンバサダーとして帰る」

インタビュー

2023年のレッスルキングダムでは、プロレスファンが待ち望んでいたドリームマッチが実現します。

2010年台後半の新日本プロレスにおいて海外戦略を牽引し、幾つもの名勝負を作り上げたケニー、オメガ。そして、ケニーが2019年に新日本を去った後のトップ外国人レスラーとして大活躍を続けているウィル・オスプレイ。ついに2人のシングルマッチが実現するのです。

2人の間には個人的な因縁もありますが、レスラーとしてのお互いを認めているのは間違いありません。早くもマッチ・オブ・ザ・イヤー候補級の試合になることが有力視されています。

【新日本プロレス】ウィル・オスプレイがケニー・オメガを語る。「彼と戦いたいと思わないのは愚かなこと」
新日本プロレスのトップ外国人レスラーとして活躍していたケニー・オメガ、そして今まさにトップレスラーとして大活躍中のウィル・オスプレイ。 2人はネット上でケンカすることが多く、お互いに挑発したり、メディアに想いを語ることが多い関...
【新日本プロレス】ウィル・オスプレイ VS ケニー・オメガ実現の立役者はロッキー・ロメロ
2023年1月4日、新日本プロレスの東京ドーム興行「レッスルキングダム17」でウィル・オスプレイとケニー・オメガのドリームマッチが実現します。 2人の間には長年に渡るストーリーがありますが、それを抜きにしてもプロレス界最大のマ...

Sports Illstratedのインタビューに応じたケニーは、久々の新日本参戦への意気込みを語りました。

俺はAEWのアンバサダーとして新日本に戻る。プロレスのアンバサダーとしてもね。そして、これは帰郷でもある。新しく、エキサイティングなことを始めるために旅立ったけど、今でも新日本は俺のホームだよ。

今、ウィルにできることは、俺にはできない。彼は超人的な運動神経を持っている。バッチリ調整されたパフォーマーだけど、まだ経験が足りないね。知識も。俺は全日本プロレスやDDTで自分のフィジカルの限界に挑戦したけど、そのおかげで今の俺があるわけじゃない。俺の「マインド」こそが裁断の資産であって、運動神経はその後に来るんだ。それこそ、棚橋弘至がこれほど長く、味わい深いキャリアを築き上げてきた理由でもある。

俺が新日本を去るにあたって、後継者が必要だった。それは、ウィル、ジェイ・ホワイト、そして飯伏幸太だ。ウィルだけが問題なんだよ。

MUST SEE: Kenny Omega's Spectacular Return | AEW Dynamite, 8/17/22

SI

あわせて読みたい

【新日本プロレス】ウィル・オスプレイが読書障害に苦しんでいることを明かす。「読み書きが全然ダメ」
プロレスラーは試合だけしていればいい仕事ではありません。 あらゆる場面で発言が求められ、キャラクターやストーリーに即した発言をする必要があります。リングの内側でも外側でもファンを盛り上げるのが一流のプロレスラーだと言えるでしょ...
【新日本プロレス】カール・アンダーソンが復帰を宣言。12月14日の仙台大会に出場へ
新日本プロレスとWWEのダブルブッキングを起こすという非常にレアな経験をしたカール・アンダーソン。 新日本のNEVER無差別級王座を保持したままWWEへ復帰した彼は、予定されていた防衛戦と同じ日に開催されるWWEのサウジアラビ...

ランキング参加中。

人気ブログランキング

にほんブログ村

タイトルとURLをコピーしました