スポンサーリンク

【WWE】サーシャ・バンクスの復帰に向けた交渉が不発だったのは、サーシャが「ベッキー・リンチ級の金額を望んだから」?

ニュース

2022年5月に番組収録をボイコットして無期限謹慎処分を課されたサーシャ・バンクスは、夏のうちに団体と交渉し、2023年からフリーエージェントになることで合意したと報じられています。

彼女に処分を下したビンス・マクマホンが引退し、HHHが現場の責任者になった後、WWEと彼女は復帰に向けた交渉に入りましたが、金銭面で折り合いがつかなかったようです。彼女は11月に新日本プロレスとの契約に合意しました。

サーシャ・バンクスと新日本プロレスの契約にSTARDOMへの参戦は含まれるのか?
WWEの人気スーパースターだったサーシャ・バンクス。 彼女は、当時保持していたWWE女子タッグ王座の方針をめぐって団体と対立し、2022年5月に番組収録をボイコット。WWEは無期限謹慎処分を課しました。 両者は交渉の末、...

レスリング・オブザーバーのデイブ・メルツァーによれば、彼女はベッキー・リンチやシャーロット・フレアーと同等の金額を要求していたものの、WWEが受け入れなかったのだとか。団体内では、「今後5年の間、サーシャがトップになる人物だとは考えられていない」とのこと。

3人にベイリーを含めた4人は切磋琢磨してきた関係ですが、団体からの扱いにはそれぞれ差があります。こうした話が出てくるのはちょっと悲しい気もしますね…。

FULL MATCH – Becky Lynch vs. Sasha Banks – Raw Women's Title: WWE Hell in a Cell 2019

Wrestling Observer

あわせて読みたい

【WWE】マンディ・ローズがWWE退団後の心境を明かす。「みんなからの愛やサポートに圧倒された」
先日、WWEはマンディ・ローズを解雇しました。 NXT女子王座を長期保持していた彼女ですが、サブスクサイトで公開していた「きわどい」画像や動画が問題視され、NXTを率いるショーン・マイケルズが彼女からタイトルを剥奪する決断を下...
【新日本プロレス】サーシャ・バンクスとの契約がまとまったのは11月?2023年は様々な場所に出場するかも
2023年の新日本プロレス「レッスルキングダム17」への参加が報じられている元WWEスーパースターのサーシャ・バンクス。 トップ女性レスラーである彼女は世界的な知名度を誇り、Disney+で配信されているドラマシリーズ「マンダ...

ランキング参加中。

人気ブログランキング

にほんブログ村

タイトルとURLをコピーしました