スポンサーリンク

【WWE】ステファニー・マクマホンがすべての役職から辞任。ビンス・マクマホン引退後に共同CEOに就任も…

ニュース

2022年7月にビンス・マクマホンが引退したことにより、団体には世代交代の波が押し寄せました。

ビンスの側近たちの一部は退団し、ステファニー・マクマホンとニック・カーン社長が共同CEOに就任。現場の責任者はHHHが引き継ぎました。

ビンス時代にあった不安定さや恐怖は現場から消え去り、スタッフたちの士気もあがっていたとされています。しかし、先日、ビンスが団体売却を考慮に入れた「戦略的見直しプロセス」の先頭に立つために、2人の側近と共に取締役へ復帰。これにより、3人の取締役がその座を追われました。

そして…PWInsiderによれば、今日、ステフはWWEのすべての役職を辞任したそうです。つまり、ビンスが不在の間団体の舵取りをしてきた彼女が、一切の権限を失った、ということ。また、Fightfulによれば、ニック・カーンが唯一のCEOとして職務にあたることになるそうです。その背景に何があったのかは不明ですが、ビンス復帰が影響しているのは間違いありません。

とはいえ、共同CEOに就任する前の彼女は休職中で、夫HHHを含む「家族との時間を優先したい」というのがその理由でした。ビンスが帰ってきたのならお役御免だ…と考えたかもしれませんね。続報を待ちたいです。

Stephanie McMahon announces a surprise to Triple H | WWF RAW (2002)

PWInsider

あわせて読みたい

【新日本プロレス】ジェイ・ホワイトが契約満了後に退団し、WWEかAEWへ移籍する見込みと報じられる
ここ最近、WWEが新日本プロレスのヒクレオとタマ・トンガの獲得に興味を示していることが立て続けに報じられています。 ヒクレオは2月11日にジェイ・ホワイトとの敗者日本追放マッチに挑む予定で、この試合の結果はレスラーたちの動向に...
【WWE】ビンス・マクマホンの復帰により、大量リストラが復活するのではないかと恐れられていると報じられる
2020年から2021年にかけて、WWEは経費削減を目的とした大規模なリストラを敢行しました。 対象になったのは選手だけではなく、スタッフたちも大量に団体を去ることに。その一部はAEWなどの他団体に移籍しましたが、現在も大手団...

ランキング参加中。

人気ブログランキング

にほんブログ村

タイトルとURLをコピーしました