スポンサーリンク

【WWE】HHH&ステファニー・マクマホンは団体売却に反対していたと報じられる

ニュース

ビンス・マクマホンの復帰により、WWEは団体売却の可能性を検討するようになりました。

コムキャストやディズニー、エンデバーといった大企業から、サウジアラビア政府系ファンドPIF、そしてAEW&カーン一族まで、さまざまな売却候補先が報じられています。

WWEは団体売却サポートのためにJPモルガンとタッグを組むことになり、動きは今後も続きそうです。

AEW&カーン一族がWWEの売却先候補の1つになっていると報じられる
AEWの社長トニー・カーンとオーナーのシャヒド・カーン親子は大富豪です。 カーン一族はNFLジャクソンビル・ジャガーズやサッカープレミアリーグのフラムFCも所有しており、トニーは各チームの上層部の一員としても仕事をしています。...
【WWE】噂が否定される。WWEはサウジアラビア政府系ファンドに売却されていないが、やり取りはあった
昨日、SNS上で「WWEがサウジアラビア政府系ファンドPIFに買収された」という噂が急速に広まりました。 噂の出どころになったのはDAZNのライターとBodyslam.netですが、この他のDirt Sheet...

しかし、団体内部の全員が売却に賛成しているわけではありません。米ニュースサイトAxiosによれば、ビンスが不在の間共同CEOを務めていたステファニー・マクマホンと現場の責任者HHHが団体売却に反対していたとのこと。

ステフはビンス復帰に伴いすべての役職から辞任しました。ビンスとHHH&ステフの間で意見が分かれたとしても、どちらの意見が採用されるかは考えるまでもありません。

全員が納得する形で団体売却…とはならなさそうですね。

Raw – Triple H can't convince Stephanie and Mr. McMahon to let him compete: Raw, June 3, 2013

(SESCOOPS)

あわせて読みたい

【AEW】ヤング・バックスが長年に渡って論争の的になっていることにコメント。「論争の的になるのは慣れてるけど、事実と違うのはムカつく」
2022年秋のPPV「ALL OUT」終了後にCMパンクと大喧嘩し、出場停止処分が課されたヤング・バックス(ニック&マット・ジャクソン)とケニー・オメガ。 彼らはALL OUTで獲得したばかりのAEW世界トリオ王座を剥奪される...
【新日本プロレス】ヤング・バックスがレッスルキングダム17出場のオファーを受けていたことを明かす。「素晴らしいオファー。いつかまた」
2023年の新日本プロレス「レッスルキングダム17」は、ファンにとって満足度の非常に高いショーになりました。 ダブルメインイベントのオカダ・カズチカVSジェイ・ホワイト、ウィル・オスプレイVSケニー・オメガが名勝負になったのは...

ランキング参加中。

人気ブログランキング

にほんブログ村

タイトルとURLをコピーしました