スポンサーリンク

WWEライノがインパクト・レスリングのPPVに登場しマイケル・エルガンを襲撃

ニュース

ECWレジェンドで、現在WWEと契約中のライノ。2019年はテレビ出演がほとんどなく、7月17日に契約が切れ次第WWEから退団することを表明しています。6月にはインディ団体の興行にも出場し、退団後の準備を進めている状態。そんな中、まさかの場所に登場しました。

日本時間7月8日、テキサス州ダラスでインパクト・レスリングのPPV”Slammiversary”が開催されました。インパクト世界王者のブライアン・ケイジはマイケル・エルガンを相手に防衛戦を行い、防衛を果たしました。この試合後、覆面姿の大柄な男がマイケル・エルガンを襲撃!

PWInsiderによれば、この男の正体はライノとのこと。つまり、これはゴアだ!ライノのWWE退団後の活動拠点はインパクトになりそうです。それにしても、WWEとの契約がまだ残っているというのに、大胆な行動に出ましたね。

ちなみに、”Slammiversary”の観客動員数は1000人ほどとのこと。新日本の約1/5です。また、近々フリーエージェントになる人気タッグチームLAXのサンタナが膝を負傷した模様です。

(PWInsider)

あわせて読みたい

ジュース・ロビンソンがジュース・ロビンソンが「不満なレスラーたち」に「脱地獄」を呼びかけ。ROHとの関係にも言及
新日本プロレスのジュース・ロビンソン。日本時間7月7日朝7時に開催されるG1開幕戦inダラスの記者会見に出席したジュースは、様々な質問を受けました。その中で、「不満を持っているレスラーたち」について、そしてROHとの関係についてコメントを求...
新日本プロレスとAEWの関係には「亀裂が入っている」。新日本がAEWをタブー視するのは何故なのか?
AEWの中心人物であるケニー・オメガやヤング・バックス、Codyは新日本プロレスで活躍したスターレスラーでした。特にケニーは同団体の海外戦略の軸であり、彼の人気の高さが海外での新日本人気を引っ張っていたのです。AEW旗揚げが発表された時、世...
ジョン・モクスリーとAEWの契約内容は「ちょっと特殊」と報じられる。WWE退団時の詳細も明らかに
2019年4月にWWEを退団し、AEWとフルタイム契約したジョン・モクスリー(ディーン・アンブローズ)。彼は新日本プロレスにも参戦し、世界中のプロレスファンを喜ばせています。 モクスリーとAEWの契約内容について、Rajah....
タイトルとURLをコピーしました