スポンサーリンク

【AEW】ケニー・オメガの契約期間が「負傷期間を考慮して」本来よりも延長されていたと報じられる

ニュース

2023年1月でAEWとの4年契約が満了するとされていたケニー・オメガ。

2月に入ってからもケニーはAEWでの活動を続けていることから、「両者の契約状況がどうなっているのか」という点が度々話題になっていました。新日本プロレスのIWGP USヘビー級王座とAEWのAEW世界トリオ王座を保持する一方で、一部のWWE関係者は「我々はケニー・オメガを獲得できる」と考えているようですし…。

【AEW】WWEがケニー・オメガの獲得に興味を示していると報じられる。契約切れのタイミングは…
新日本プロレスでプロレス界に革命を起こし、AEWでは副社長兼トップレスラーとして団体を牽引しているケニー・オメガ。 2000年代中盤、彼はWWEの育成システムの中で腕を磨いていた時...

ケニーとAEWの契約期間について、レスリング・オブザーバーが最新情報を報じました。やはり、本来の契約は1月に満了する予定だったものの、2021年11月から2022年にかけて9ヶ月間の負傷欠場期間があったことを考慮し、この期間分だけ契約が延長になったそうです。最長で2023年11月まで契約が延長になる可能性がありますが、「ケニーの欠場期間」が何日間なのかは確定していません。

ということで、ケニーは当分の間AEWロースターの一員として活躍することになります。2024年末にAEWとの契約を満了するヤング・バックスとともに大きな動きに出ることが予想されている中、彼はAEWとの契約についてどのような決断を下すのでしょうか…。

AEW設立のキーパーソンであることを考えれば、AEWからの退団はなかなか考えにくいかもしれません。しかし、同じくキーパーソンだったコーディ・ローデスがWWEへ復帰したことを考えれば、何が起きても不思議ではありません。

(Wrestling Observer, WrestlePurists)

あわせて読みたい

【AEW】クリス・ジェリコがケニー・オメガとの「仕事」を示唆。「俺たちは何らかの形で関わらなければならない」
AEWのトップレスラーとして活躍するクリス・ジェリコとケニー・オメガは、カナダのマニトバ州ウィニペグ出身という共通点があります。 AEWはカナダ進出の一環として現地3月15日にウィ...
【新日本プロレス】ケニー・オメガがメルセデス・モネとのタッグ結成を希望。「最近はミックスマッチもやってるみたいだし…」
新日本プロレスには海外の大物レスラーが時折参戦し、世界中のプロレスファンを喜ばせています。 レッスルキングダム17では、ウィル・オスプレイとの熱戦を制したケニー・オメガがIWGP ...
タイトルとURLをコピーしました