スポンサーリンク

【WWE】UFCダナ・ホワイトが親会社エンデバーによるWWE買収についてコメント。「ビンス・マクマホンは残忍なプロレス人。俺たちに限界はない」

ニュース

UFCの親会社エンデバーがWWEを買収し、両団体を統合した新会社を設立する。とんでもないビッグニュースです。

評価額200億ドル超えの巨大エンターテインメント企業が誕生し、WWEのビンス・マクマホンはエグゼクティブ・チェアマンに、ニック・カーンCEOはWWE側のプレジデントに就任します。

また、UFC代表のダナ・ホワイトがUFC側のプレジデントに就任。ビンス・マクマホンとダナ・ホワイトが同じ会社で働く…・・こんな時代が来るとはまったく思っていませんでした。エンデバーによるWWE買収は以前から噂があったものの、UFCと統合されるというのは驚きです。今回の件について、ダナは次のようにコメントしています。

ここ7年間、エンデバー社は燃えていた。そこにWWEが加わることになり、俺はこれをよりレベルアップさせることに興奮しているんだ。ビンスは残忍なプロレス業界人で、(エンデバー社のCEOを務める)アリ・エマニュエルは自分の仕事をする獣。さらに、俺たちUFCがもたらすものを加えれば、エンデバーが今後5年間で達成できることに限界なんてないよ。

両団体のコラボレーションがあったりすると面白そうですね。WWEにはMMA出身の選手たちがいますし、その中でもロンダ・ラウジーとブロック・レスナーはビッグスターです。面白いことをやってくれることを願います。

(Wrestling Observer)

あわせて読みたい

【WWE】サプライズ復帰のシェイン・マクマホンがザ・ミズとの試合中に大怪我を負い、スヌープ・ドッグがミズにピープルズ・エルボーを決める
文章にするとなかなか理解不能な流れですが…。 今日開催されたWWE・レッスルマニア39第二夜。2022年に団体を去り、ビンス・マクマホンがトップに君臨しているうちは復帰しないだろう...
【WWE】去就に注目のブロック・レスナーが今後の活動に言及。「どうなるかわからない。あとどれくらい続けるのか…」
レッスルマニア39でオモスを下したブロック・レスナー。 ここ最近、彼の去就に関する報道がいくつかありました。レッスルマニアでの出番の後、彼はどのように活動を続けていくのか、分かって...
タイトルとURLをコピーしました