スポンサーリンク

【AEW】ワーナー・ブラザースはAEWとCMパンクの「最新の軋轢の和解」を希望。もし決裂すれば新番組Collisionの「開催地」影響も

ニュース

AEWとCMパンクの関係はことあるごとに変化しています。

2022年9月のPPV「ALL OUT」のバックステージでThe Elite(ケニー・オメガ&ヤング・バックス)と大喧嘩した後、パンクは自らの契約を買い取ってAEWから退団することが有力視されていました。

しかし、その後両者は歩み寄り、復帰が有力視されるように。6月から放送が始まる新番組CollisionはパンクとFTRが仕切り、初回放送はパンクの地元シカゴで行われる、そこにパンクも参加する…というのが、つい先日まで報じられていた内容でした。

ところが、パンクと共にThe Eliteと喧嘩したことで解雇されたパンクの親友で元プロデューサーのエース・スティールのAEW復帰について、AEWとパンク側で認識の齟齬が生じ、パンクがCollisionへ参加するという計画は一旦白紙になっているようです。

【AEW】土曜夜の新番組Collisionが正式発表される。番組の中心になると目されていたCMパンクは「番組に関係ない」
昨日、ワーナー・ブラザース・ディスカバリーとAEWは、毎週土曜夜に2時間番組Collisionの放送を開始することを公式に発表しました。 番組は6月17日から始まり、アメリカ東部時...
【AEW】CMパンクの親友エース・スティールが数ヶ月前に再雇用されたと報じられる。彼への認識齟齬でAEWとパンクに亀裂?
新番組Collisionへの参加が有力視されながらも、団体側との認識齟齬によりプロジェクトから外れているとされるCMパンク。 先日行われたワーナー・ブラザース・ディスカバリーのテレ...

レスリング・オブザーバーのデイブ・メルツァーによれば、AEW番組を放送するテレビ局の親会社であるワーナー・ブラザース・ディスカバリーは、AEWとパンクの状況を改善する取り組みがあることに期待さているとのこと。ワーナーはパンクの復帰を強く希望しているとされており、AEWとしてもパンクとの良好な関係はキープしなければなりません。

しかし…もしパンクがCollisionに参加できないということになれば、初回放送の開催地をシカゴから別の都市に変更しなければならないかもしれない、とメルツァーは指摘しています。

存在の大きさ、影響力の大きさ。パンクをうまくコントロールできるかどうかという難しい問題は、AEWとビジネスパートナーの関係だけではなく、あらゆる点に影響を及ぼすかもしれません。

(Wrestling Inc, Wrestling Observer)

あわせて読みたい

【新日本プロレス】バッドラック・ファレがBullet Club新リーダーデビッド・フィンレーを語る。「みんなと違うことをして注目の的になった」
プロレス界において最も重要なユニットの1つである新日本プロレスのBullet Clubは、定期的にリーダーが代替わりするという特徴があります。 プリンス・デヴィット(フィン・ベイラ...
【WWE】RAWの最新ロースターリストが報じられる。退団も噂されるドリュー・マッキンタイアは3番手。中邑真輔は…
2023年内にWWEとの契約が満了すると報じられているドリュー・マッキンタイア。 現状に不満を持っているとされる彼がWWEとの再契約に合意するかは不明で、今後どうなるかわかりません...
タイトルとURLをコピーしました