スポンサーリンク

【AEW】CMパンク&The Eliteの大喧嘩の当事者たちが「この件について秘密を保持する契約」に合意したと報じられる

ニュース

2022年9月のPPV「ALL OUT」終了後のバックステージで起きたCMパンクとThe Elite(ケニー・オメガ&ヤング・バックス)の大喧嘩。

記者会見でケニーやバックス、コルト・カバナを徹底的に批判したパンクは、バックステージでケニーらと衝突。彼の親友でプロデューサーだったエース・スティールは椅子を投げたりケニーにガチで噛み付いたりの大暴れだったようで、この騒動の当事者の中で唯一解雇されました。この説明も何度書いたかわからないですね…。とにかく、この大喧嘩はAEWに大きな影響を与えました。かわいそうだったのはALL OUT後に休暇を取る予定だったジョン・モクスリーで、出場停止処分を課された当事者たちの穴を埋めるために休暇を奪われてしまいました。

2023年6月、AEWは新番組Collisionの放送を開始し、CMパンクは番組の中心人物としてALL OUT以来久々に復帰することが予想されています。彼はケニーたち以外にも人間関係に問題のある相手が複数人おり、解決しなければならない「問題」は山積みです。

レスリング・オブザーバーによれば、パンクとトニー・カーン社長は、大喧嘩の当事者たち(パンク、Elite、スティール)と、喧嘩の『主要参加者』となったメンバー(喧嘩の場に居合わせ、短期間の出場停止処分を受けたブランドン・カトラー、中澤マイケル、パット・バック、クリストファー・ダニエルズなど?)が「この件について公の場で発言してはならない」という内容の秘密保持契約に署名することで合意したそうです。

トニーもこの件についてはノーコメントを貫いていますし、彼らが詳細を語ることは今後ないのでしょう。ひとまず、「かの喧嘩について、複数ある問題の1つ」が解決に至ったようです。

(Wrestling Observer, Wrestling Inc)

あわせて読みたい

【新日本プロレス】AEWとのForbidden Door。やっぱりCMLLとAAAの問題が原因で出場できないAEWレスラーが多数出ると報じられる
新日本プロレスとAEWの禁断の扉もこじ開けるのが大変でしたが、CMLLとAAAの「ガチ扉」を開くのは絶対に無理です。 2022年からAEWと新日本が合同で開催しているPPV「Forbidden Door」は、両団体に所属するレスラーた...
【AEW】新日本プロレスとのForbidden Doorで予定されていた「とあるドリームマッチ」…実現はイギリス大会All Inに持ち越し?
AEWはタッグ戦線が充実しており、多くの優秀なタッグチームが活動しています。 AEWと新日本プロレスが6月に開催する合同興行Forbidden Doorでは、両団体のスターレスラーたちによるドリームマッチの実現が期待されています。AE...

ランキング参加中。

人気ブログランキング

にほんブログ村

タイトルとURLをコピーしました