スポンサーリンク

WWEが10月31日に4度目のサウジアラビア興行”Crown Jewel 2019″を開催

ニュース

サウジアラビア政府と10年契約を結んでいるWWEは、2018年の”Greatest Royal Rumble”以降、年2回のペースでサウジを舞台にしたPPVを開催しています。

PWInsiderによれば、WWEは10月31日にサウジアラビアでPPV”Crown Jewel 2019″を開催するようです。イベントの詳細は不明。政府との契約締結から4度目の興行開催となります。WWEは11月以降のヨーロッパでの興行をキャンセルしていたため、この時期にサウジに戻ることが予想されていました。ちなみに、11月1日のSmackDown Liveは、現時点では予定通り開催されるようです。

これまでの3度の興行はいずれもファンからの評判が悪く、特に2018年11月2日の”Crown Jewel”は災害級の興行となりました(Cagematchのユーザー評価は10点満点中0.96)。

サウジアラビアでの女性の権利の抑圧やジャマル・カショギ殺害事件など、WWEとサウジアラビアの関係を批判する材料はいくつもあるため、興行が開催されるたびに議論が起きています。特にカショギ事件が国際問題になっていた”Crown Jewel”開催前のゴタゴタは酷かった……。そろそろいい興行をやってほしいです。

(参考: PWInsider, Fightful)

あわせて読みたい

WWEへの入団が決まりかけていたジョーイ・ライアンの入団を阻止した男は誰?
新団体AEWの創立によって去就が注目されたインディ界の大物レスラー、ジョーイ・ライアン。結局、WWEにAEWにも行かず、インディ界に残り続ける決断を下したベテランは、2013年にWWEに入団が決まりかけていたそうです。しかし、とある人物の反...
WWEがSANADA獲得に興味?
3日に開催されたG1 CLIMAX大阪大会でついにライバルのオカダ・カズチカから勝利をもぎ取ったSANADA。ファンからの支持が右肩上がりの31歳に、再びあの団体に関する噂が流れています。 SANADAは新日本所属ではなく、フ...
アンダーテイカーがWWEと事実上の終身契約を結ぶ
WWEのアンダーテイカーは、今後WWE以外のリングに上がることはないようです。 レスリング・オブザーバーによれば、キャリア35年の大ベテランはWWEと新たな契約を結びました。新たな契約期間は非常に長く、事実上の終身契約となるよ...
タイトルとURLをコピーしました