スポンサーリンク

ハーリー・レイスの追悼式の開催が決定 / WWEがオーストラリアに再上陸

ニュース

ニュースをまとめて紹介。

ハーリー・レイスの追悼式の開催が決定

現地時間1日に死去したハーリー・レイスが創立したローカル団体World League Wrestlingが、レイスの追悼式を行うことを発表しました。

日時は8月11日(日)午後3時から。場所はWLWの本拠地であるミズーリ州トロイのレース・レスリング・アリーナです。参加資格はなく、誰でも参加することができるとのこと。

トレバー・マードックがビンス・マクマホンによるハーリー・レイスへの医療資金援助を明かす
8月2日、「美獣」の異名を持つレジェンドレスラー、ハーリー・レイスが死去しました。 元WWEスーパースターで、レイスが創立した団体WLWからWWEに羽ばたいたトレバー・マードックが、WWEのビンス・マクマホンがレイスに...

WWEがオーストラリアに再上陸

PWInsiderによれば、WWEは10月にオーストラリアでSmackDownブランドのツアーを開催するようです。日程は10月21日から23日まで。会場の規模など、詳細は不明です。

オーストラリアのプロレス市場開拓に熱心なWWEは、2018年にメルボルンで7万人を動員したPPV”SUPER SHOWDOWN”を開催しています。オーストラリア人レスラーの獲得にも積極的で、新日本プロレスに参戦中のロビー・イーグルスと、Bullet Clubメンバーのジノ・ガンビーノの獲得に興味を示しているという報道もありました。

地元出身のアイコニックスはWWE女子タッグ王座のベルトを持ったままオーストラリアに戻りそうですね。カブキ・ウォリアーズの運命やいかに。

WWEが10月31日に4度目のサウジアラビア興行"Crown Jewel 2019"を開催
サウジアラビア政府と10年契約を結んでいるWWEは、2018年の"Greatest Royal Rumble"以降、年2回のペースでサウジを舞台にしたPPVを開催しています。 PWInsiderによれば、WWEは10月31日に...

(PWInsider)

あわせて読みたい

AEW・MJFが語るプロレス観。将来有望なヒールレスラーはなぜハイ・フライ・ムーブを使わないのか
AEWの若手レスラーの中でもひときわ目立つ存在であるヒールレスラー、MJF。ヒールとしての才能を遺憾なく発揮している未来のスターレスラーが、クリス・ジェリコのPodcast番組"Talk is Jericho"に出演し、自らのプロレス観につ...
WWEへの入団が決まりかけていたジョーイ・ライアンの入団を阻止した男は誰?
新団体AEWの創立によって去就が注目されたインディ界の大物レスラー、ジョーイ・ライアン。結局、WWEにAEWにも行かず、インディ界に残り続ける決断を下したベテランは、2013年にWWEに入団が決まりかけていたそうです。しかし、とある人物の反...
WWEがSANADA獲得に興味?
3日に開催されたG1 CLIMAX大阪大会でついにライバルのオカダ・カズチカから勝利をもぎ取ったSANADA。ファンからの支持が右肩上がりの31歳に、再びあの団体に関する噂が流れています。 SANADAは新日本所属ではなく、フ...
タイトルとURLをコピーしました