スポンサーリンク

WWEとUFCの合併が示すプロレス界の変化…ジェフ・ジャレット「家族経営のビジネスだと言えなくなった」

インタビュー

9月12日、WWEとUFCの合併手続きが完了し、新会社TKO Group Holdingsが誕生しました。両団体はTKO内の独立部門として運営を続けます。

この合併により、ビンス・マクマホンがWWEの大株主として君臨し、マクマホン・ファミリーがWWEを所有する…というスタイルでの団体運営は終わりを迎えました。これは、プロレス界の変化を示す重大な出来事です。

父ジェリー・ジャレットと共にTNA(現インパクト・レスリング)を設立し、現在はAEWに所属するベテランレスラーのジェフ・ジャレットは、WWEとUFCの合併をこう表現しています。

9月12日は、プロレスというビジネスが家族経営のビジネスだと言えなくなった最初の日だ。WWEのマクマホン一家はテリトリー制度の最後だったんだよ。

WWEは成長を続け、アメリカ全土へ、そして全世界へ広まっていった。しかし、結局は、クリスマス、感謝祭、休日にマクマホン一家がキッチンのテーブルを囲んでいたかどうかに関係なく、WWEはずっと家族経営のビジネスだったんだよ。

父ビンス・マクマホン・シニアから団体を買い取り、テリトリーシステムから飛び出して世界規模の成長を実現させたビンス。妻リンダ、息子シェイン、娘ステファニーは団体で様々な役割を果たしてきました。

AEWは大富豪カーン一族の莫大な経済力を後ろ盾にした団体で、トニー・カーン社長の父シャヒドがオーナーを務めています。しかし、WWEのスタイルと比べるとファミリー色は薄く、あくまでトニーの団体という印象です。

ビンスはTKOのチェアマンに就任し、今後もWWEを率います。

(Wrestling Inc)

あわせて読みたい

【WWE】ビンス・マクマホンがエンデバー社への団体売却を検討し始めたのは、スキャンダルで引退した2022年7月だったことが明らかに
2022年6月、ウォール・ストリート・ジャーナル誌がWWEの最高責任者ビンス・マクマホンの性的非行&隠蔽スキャンダルを報じました。 ビンスが過去に女性たちとの不貞行為を隠蔽す...
【AEW】All Inの実際の入場者数は7万人台?「8万人のタトゥー」を入れたウィル・オスプレイ「最悪だよ…タトゥーを入れるのは大変だった」
現地8月27日に開催されたAEWのイギリス大会All In。 チケットは8万枚以上の売上を記録し、公式発表の入場者数は81,000人以上とされていました。地元イギリスの大観衆...

ランキング参加中。

人気ブログランキング

にほんブログ村

タイトルとURLをコピーしました