スポンサーリンク

【WWE】グンターが「厳しい居住規制」によりアメリカ国外に出国できない状況にあると報じられる

ニュース

WWEインターコンチネンタル王座の絶対的チャンピオンとして大活躍中のグンター。

ホンキー・トンク・マンが保持していた同王座の最長保持記録を更新し、新たな歴史を作っている36歳は、団体内部でも非常に高く評価されており、トップヒールとして2024年のレッスルマニア40のメインイベントに出場する可能性があるとも報じられました。

しかし、彼は現地11月4日に開催されたサウジアラビア大会Crown Jewelに出場しませんでした。本来であれば、彼の試合はショーの大きな見どころになるはずでしたが…。

ドイツメディアの報道によれば、彼は現在「厳しい居住規制」の最中にあり、今後6ヶ月間はアメリカ国外に出国することができないそうです。彼は2022年初頭にイギリスからフロリダ州オーランドへ移住し、メインロースターとしての活動を本格化しました。

これにより、彼は2024年2月にオーストラリアで開催されるElimination Chamberにも出場することができなくなります。同年8月にはドイツで初のPLE「Bash In Berlin」が開催されますが、居住規制が延長にならない限り、彼はショーの最大の目玉としてフューチャーされるでしょう。どうにかなってほしい…。

(Wrestling Inc)

あわせて読みたい

インパクト・レスリング副社長がTNAブランド復活への意気込みを語る。「2024年、我々はゲームをひっくり返す存在になる」
2024年1月に団体名をTNAに戻すインパクト・レスリング。 多くの名勝負や名レスラーを輩出したブランドの復活はポジティブなニュースとして受け止められており、WWEやAEWとは異な...
【WWE】カイリ・セインがCrown Jewelでサプライズ復帰!イヨ・スカイの勝利をサポート
WWEの内部ロースターに再登録されたことが報じられていたカイリ・セインが帰ってきました。 現地11月4日に開催されたサウジアラビア大会Crown Jewel。WWE女子王座チャンピ...
タイトルとURLをコピーしました