スポンサーリンク

【WWE】グンター「アルティメット・ウォリアーはアスリートでもプロレスラーでもなく、ショーマンだった。暗黒時代だ」

インタビュー

1980年代から90年代にかけてWWFのスター選手として活躍したアルティメット・ウォリアー。

彼の試合はパターン化されており、パワーで攻め立ててアルティメット・スプラッシュで試合を終わらせる…という短時間の試合がほとんどでした。しかし、そのエンタメ性の高さは視聴者を魅了し、時代を代表するスターになりました。

そして、彼は、ホンキー・トンク・マンのインターコンチネンタル王座最長保持記録を終わらせた男です。

現在、同王座を保持し、最長保持記録を更新したグンターは、最新のインタビューでアルティメット・ウォリアーを批判しました。

本物の暗黒時代だよな。彼はショーマンだった。アスリートでもプロレスラーでもなく、ショーマンだよ。

今、俺はインターコンチネンタル王座の最長保持記録を持ち、かつての評判をきれいに洗い流し、新たな基準を設定しなければならない。その理由は何なのか、みんなわかってるだろ?

アルティメット・ウォリアーという存在をどう評価するのか。そこには、個々人のプロレスへの価値観が反映されます。

(Fightful)

あわせて読みたい

【WWE】ケビン・ナッシュがセス・ロリンズを称賛。「現代のマッチョマンだよ。信じられないほど上手い」
プロレスの歴史に深く刻み込まれている「マッチョマン」ランディ・サベージのレガシーは、決して消えることはありません。 WWF(WWE)やWCWで活躍した彼の存在はとてもユニークで、真...
【WWE】ザ・ロック(ドウェイン・ジョンソン)がSmackDownへのサプライズ登場実現の背景を語る。「偶然会場の近くにいたんだ」
現地2023年9月15日にコロラド州デンバーで放送されたSmackDown。 俳優に転向し、世界一稼ぐハリウッドスターになったザ・ロック(ドウェイン・ジョンソン)は、この回でまさか...
タイトルとURLをコピーしました