スポンサーリンク

【WWE】オモスが試合数の少なさを語る。「俺はアトラクションだからさ」

インタビュー

WWEが誇る大巨人オモス。

AJスタイルズとのタッグチームでの活躍やレッスルマニア39でのブロック・レスナー戦など、彼は記憶に残るブッキングを得てきました。しかし、テレビ番組での試合数そのものは決して多くなく、2023年春以降は試合の機会がありません。

【WWE】オモスがアンダーテイカーやボビー・ラシュリー、MVPから学んだことを語る。「テイカーは心の声。ブロック・レスナー戦はラシュリーのおかげ」
プロレスラーたちは、お互いにサポートしあってより成長していくことのできる職業です。 2021年にWWEのメインロースターに昇格した巨人オモスは、元々大学バスケットボールで活躍したア...
【WWE】団体内部でオモスのBacklashでの働きが称賛されていると報じられる。彼のベストマッチという声も
先日開催されたBacklashでセス・ロリンズと対戦したオモス。 長期的なストーリーの構築がないまま試合が行われたことについては賛否両論あり、試合前からケチがついてしまったという点...

こうした状況について、彼は最新のインタビューで次のように語りました。

俺はアトラクションだからな。大金を稼ぎたいとき、俺が必要なときに呼ばれるんだ。彼らがテレビで俺を見たいとき、その小切手を現金化するんだよ。

また、キャリアにおいてとても重要な意味を持っているレッスルマニアについては、次のように語っています。

正直に言うと、レッスルマニアは文字通り俺の人生を変えた。AJスタイルズとタッグチームタイトルでデビューしたレッスルマニア37のことは一生忘れられないよね。俺の脳に刻まれているよ。

その翌年のレッスルマニア38でボビー・ラシュリーと対戦することになるとは思ってもみなかったけど、素晴らしかったね。

レッスルマニア39ではブロック(・レスナー)とやったし、毎年どんどん高みに行く。俺にとって、レッスルマニアは心の特別な場所を占めているよ。

(Wrestling Inc)

あわせて読みたい

【新日本プロレス】HENAREが現在の契約ステータスを語る。「いろんな団体から興味を持たれてる。ハリウッドからもね」
UNITED EMPIREのメンバーとして活躍中のHENARE。 闘志あふれるスタイルは近年ますます高い評価を得るようになり、新日本プロレスに欠かせない存在へと成長しました。 しか...
【WWE】リア・リプリーがレッスルマニア39のメインイベンターになれなかったことを悔やむ。「やれることを示したかった…嫉妬してるよ」
2023年のレッスルマニア39は、2夜に渡ってBloodlineのストーリーがメインイベントになりました。 第一夜はサミ・ゼイン&ケビン・オーエンズとウーソズのタッグマッチ。第二夜...
タイトルとURLをコピーしました