スポンサーリンク

マット・カルドナがミック・フォーリーの「最後のデスマッチ」の対戦相手に名乗り。「デスマッチ・キングの俺と戦うべきだ」

インタビュー

現在58歳のレジェンドレスラー、ミック・フォーリーは、孫と健康のために「最後のデスマッチ」へ出場する意欲を見せています。

健康的とは言えない生活を、デスマッチへ出場するためのコンディション調整によって健康的にしたい。孫が遊んでいるを見守るのではなく、一緒に遊べるおじいちゃんになりたい。彼なりのデスマッチ健康法です。

ミック・フォーリーが「最後のデスマッチ」への出場意欲を語る。「デスマッチのためにコンディションを整えることで、孫と一緒に遊べる男になりたい」
ハードコア・レジェンドとして世界中からリスペクトされているミック・フォーリー。 彼の最後の試合は2012年のRoyal Rumble。現在58歳の彼は、もう10年以上も試合に出場し...

その対戦相手は誰になるのか?ファンの間では、ジョン・モクスリーやマット・カルドナらの名前が挙がっており、カルドナはやる気十分です。

最新のインタビューで、彼ほフォーリーの「最後のデスマッチ」構想について次のように語りました。

この試合に出るために裏で活動していることを秘密にするつもりはないよ。

数年前、俺は「F— Mick Foley」と書かれたフランネルを着て試合会場に立っていた。もし彼がデスマッチを望むなら、デスマッチの王である俺と対戦するのがふさわしいだろう。インディプロレス史上最大の試合になるはずだ。

個人的には、デスマッチレスラーたちが大集合するお祭りのような試合になってほしいという気持ちもあり、2人の濃厚なデスマッチを見たいという気持ちもあり…。

そもそも古傷の多いフォーリーが試合に出られるかどうかさえ分かりませんが、すでに種は撒かれています。

(Fightful)

あわせて読みたい

【AEW】マット・ハーディーがウィル・オスプレイVS竹下幸之介戦に「欠けていたもの」を語る。「興味を持てなかった」
PPV「Revolution」で行われ、ファンから非常に高い評価を得たウィル・オスプレイと竹下幸之介のシングルマッチ。 日本を舞台に活躍し、 AEWへやってきた男たちの戦い。日本の...
メルセデス・モネ「サーシャ・バンクスはレジェンド。アイコン。驚異的なキャリアを築いた」
2010年代の WWEで女性選手たちの地位向上に大きく貢献したスター、サーシャ・バンクス。 2022年に WWEを退団し、「メルセデス・モネ」のリングネームで新日本プロレスやSTA...
タイトルとURLをコピーしました