スポンサーリンク

【WWE】コーディ・ローデスがザ・ロックとの決着を望む。「このまま放っておきたくない。決着はついてない」

インタビュー

レッスルマニア40に向けて激しい抗争を繰り広げたコーディ・ローデスとザ・ロック(ドウェイン・ジョンソン)。

レッスルマニア40の第一夜のメインイベントとして行われたコーディ&セス・ロリンズVSローマン・レインズ&ロック様のタッグマッチはロック様組が勝利したものの、第二夜のコーディVSレインズのシングルマッチはコーディが勝利。ロック様はレインズをサポートするために試合二参戦しましたが、アンダーテイカーに蹴散らされました。

レッスルマニア明けのRAWで対面した2人は、抗争がこれからも続くことをファンに示唆しました。2025年のレッスルマニア41のメインイベントが2人のシングルマッチになるという計画もあると言われています。

最新のインタビューで、コーディはロック様との抗争について語り、「いつか決着をつけたい」と思っていることを明かしました。

このまま放っておきたくない。ロックとの一件、特にRAWで彼が俺に何かを手渡してくれたことについては、まだ決着がついていない。あれは彼が持っているべきものだったし、プロレスではそういう「決着」が必要だと感じている。それがスポーツ、エンターテインメント、プロレス、そしてWWEの美しさの1つなんだ。

もしその決着が付くと思うなら、見逃すな。ちゃんと決着がつくかもしれないし、まったく違う形になるかもしれない。だから、彼の復帰を楽しみにしているよ。

(Fightful)

あわせて読みたい

エリック・ローワンが正式にWWEへ復帰したと報じられる
WWEへの復帰が噂されていたエリック・ローワン。 2023年に心臓発作で亡くなったブレイ・ワイアットが率いたユニット「ワイアット・ファミリー」の一員だった彼は、ワイアットの追悼番組...
【WWE】ドリュー・マッキンタイア「CMパンクのせいで肘を骨折しても戦い続けてる。なんであいつじゃなくて俺が悪者なんだ?」
ついにWWEとの再契約に合意したドリュー・マッキンタイア。 新型コロナウイルスのパンデミック期を支えた偉大な功労者である彼は、今後もWWEの一員としてファンを魅了し続けることになる...
タイトルとURLをコピーしました